KeyRemap4MacBookでControl+hjklをカーソル移動に設定して快適コーディング

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

みなさん、プログラミングをするときや、ブログの文章、レポート、はたまたKobitoでQiita向けにTipsを書いているとき、カーソルの移動ってどうしていますか?
僕は、例えばXcodeやeclipseでコーディングするときはキーバインドの設定を変更してCtrl+hjklをカーソル移動に割り当てています。
これで、わざわざカーソルキーに手を移動しなくても、ホームポジションに手を置いたままカーソル移動ができるわけです。
このようなキーバインドの設定をXcodeやeclipse、Sublime Textなどエディタごとにいちいち設定していたのですが、もうこれならシステム全体でCtrl+hjklをカーソル移動に割り当ててしまおうと。
そうすると、わざわざ設定する手間が省けるばかりか、ブログの文章を書いているときなど、ブラウザからテキストを編集しているときや、そもそもキーバインド設定が出来ないエディタを使ったときでもこの設定を使うことができます!
では、さっそく。


KeyRemap4MacBookをインストール


KeyRemap4MacBook – OS X用のソフトウェア
公式ページからKeyRemap4MacBook をダウンロード、インストールしましょう。


Control+hjklをカーソル移動に設定する


スクリーンショット 2013-06-13 12.50.31.png


KeyRemap4MacBookを起動し、


  • Vi Mode → Control_L+hjkl to Left/Down/Up/Right

をクリックしてください。
これで終わりです!


Macのcaps lockキーをControlキーにしよう


番外編として。


スクリーンショット 2013-06-13 12.12.23.png


MacのUSキーボードでは非常に打ちやすい位置に、一番使用することがない、いや、むしろ誤動作の原因になるcaps lockキーが配置されています。
これを、Controlキーに変更することで、今回設定したControl+hjklカーソル移動がより快適になります。


スクリーンショット 2013-06-13 12.31.39.png


  • システム環境設定 → キーボード → 修飾キー

ここから変更することができます。


まとめ


デフォルトの設定は結構クソなのでいろいろいじろう!

【高専から】筑波大学 情報学群 に合格しました + それまでにやったこと【編入】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

二ヶ月ぶりのブログですが、実は受験生してました。
現在、高専5年で来年は大学3年次に編入します。
その進学先が無事に決まりましたのでご報告させていただきます。

受験は大成功に終わり、第一希望だった「筑波大学 情報学群 情報メディア創成学類」に合格することができました。
来年からは大学生です。

ということで、合格するまでにやったことなど。

■ 基本スペック

これまでの高専での成績とか。まあ、あまり参考にはならないとは思いますが(ぶっちゃけ、受験に順位とか関係ない。高専の試験が出来ても入試が出来るとは限らない。てか高専の試験は過去問ゲー)。
1年:5位
2年:4位
3年:3位
4年:3位
こんな感じでした。必修科目で「可」は無かったと思います。

■ 取得したものとか

・基本情報技術者試験(三年次)
・応用情報技術者試験(四年次)
・TOEIC 665点(五年次)<第二希望の東北大学受験用でした>

■ なぜ筑波大学に行こうと思ったのか

筑波に行きたいなーと漠然と高専に入ってから思ってたのですが、良く筑波のことは分かってませんでした。
ただ、うちの科からは毎年筑波大学に大量に進学していて進学実績があるのと、先生が頻繁に口にしていたので耳に残っていたからだと思います。
とりあえず「J科なら筑波だよね」みたいな。
本当に本当に行きたい!と思ったのは、実はすごく遅くて五年の5月頃だと思います。
現在バーチャルリアリティの研究をしていて、高専卒業後もバーチャルリアリティに関する研究をしたいと思ったので、いろいろ調べて筑波大学に行こうと決めました。
電気通信大学もバーチャルリアリティの研究では結構実績があるのですが、単科大学ということでやめました。あとは、単純に大学のレベルも筑波大学が上なので。
その他にも、僕はコンピュータの中身云々よりもコンピュータとプログラミングという道具を使って何かコンテンツを作ることが好きだったので、ちょうどマッチしている情報メディア創成学類に決めました。

■ 葛藤

受験中はいろいろと甘い誘惑にホントに惑わされます。
僕の場合は成績も良かったので様々な誘惑がありカナリ迷いました。

・専攻科に推薦で確実に入れる
・千葉大学に推薦でほぼ確実に入れる

まず、4月に専攻科の推薦入試があったのでここで悩みました。専攻科は東京大学・東京工業大学・筑波大学・東北大学などハイレベルの大学院への進学実績があるので、悪くないなぁと思ってました。
ただ、専攻科は機械科、電子メディア科、情報科の3つの学科の受け皿になっているので、カリキュラムを見ると情報らしい情報が学べないと分かり、また、ここで受けなくても9月ごろに後期推薦という受験に失敗した人向けの特別推薦があったので、4月の推薦入試は受けないことにしました。

次に、5月に千葉大学の推薦入試がありました。去年の実績を見ると、画像情報科を例に取れば3人受けて3人受かってます。また、たまたま担任が以前に千葉大学で講師として働いていた経緯があり、受かりますかね?と聞いたら君の成績ならほぼ受かるとの回答を得ました。
ここでも、受けようか受けないかカナリ悩みました。推薦なのでもし受かったら必ずそこへ進学しなければなりません。筑波大学行きたくて、同じくらいのレベルの千葉大学というのは結構良い妥協案でした。推薦というのはホントに悪魔のささやきというか、心を揺さぶってきます。
ここで、本気で受験というものを考え始めました。自分は何をしたいのか。何を学びたいのか。それを実現するにはどこへ進学するのがベストなのか。
大学のシラバスを見たり、研究室紹介を見たり、自分で調べられる情報は調べ尽くしました。
ここで、やっとやっぱり筑波大学に行きたい。ホントにホントに行きたい。必ず行ってみせる。と決心することができました。ホントに遅かったです。もう受験2ヶ月前の5月でした。ただ、ここで決断できてホントに良かったです。結果論ですが、こうして筑波大学に受かり、編入の許可をいただけました。

ちなみに、千葉大学・画像情報科をやめようと思った理由はシラバスです。
画像情報科といっても、あまり僕が思っていた情報工学ではなく、どちらかと言うとまさに「画像情報」なんですよね。
画像工学に付随する情報工学というか。だから、カリキュラムの中に「レーザー工学」とかあったんですよ。それを見た時に行ってもツマラナイだろうなぁと思ってやめました。

■ 5月からは研究室にこもって勉強

筑波大学を受ける!と決心してからは明確な目標が出来、目標に向かって毎日夜遅くまで勉強するようになりました。
16時に授業が終わり、研究室の仲間と最低でも20時、長い時は22時まで研究室で毎日受験当日まで勉強しました。
筑波大学一つだけを受けるのは少し不安だったので、第二希望であり、また筑波大学の試験日から一ヵ月後という勉強時間の猶予がある東北大学も受けることにしたため、5月いっぱいはTOEICの対策をしてました(結果は665点というまずまずな感じに)。
6月は研究室では数学、電車の中などの暇な時間は英単語アプリで英単語を勉強しました。
数学は以下の本を使いました。

 
基礎の復習に


微積と線形代数だけやった(二回)


ベクトル空間と線型写像だけやった

筑波大学のことだけを考えて、微分・積分、線形代数を重点的にやりました。
特に線形代数は高専で授業らしい授業が無く、全く理解してなかったのでカナリ焦りましたが、幸い上記の本は大変わかり易く、筑波大学の過去問もほとんど解ける程度になりました(残念ながら受験当日は線形代数は半分しか解けませんでしたが…)。

専門の情報基礎については過去問をやってみて8割くらい解けたので全く何も勉強してません。

消費したノート
・A4ノート 3冊
・B5ノート 7冊

■ Twitterは少なめに

2012-07-23_02.png
△ 4月からは激減している

ツイッター眺めてると楽しくてすぐ時間が経過してしまうので、受験中はちょっと距離を置いていました。

■ 試験結果

出来るだけの対策はして、結構自信もついてテスト当日を迎えました。
達成感はありました。俺結構勉強したなーとか、多少は賢くなったかなーみたいな。やれるだけはやりました。

結果(部分点を考えない最低ラインで):
英語 3割
数学(1) 4割
数学(2) 5割
情報(1) 8割
情報(2) 6割


△ 試験直後のツイート

合格ラインが7割と聞いていたので完全に落ちたと思いました。
英語はある重要な単語が分からず、半分落としました(雪崩式だった。逆に言えば、その単語さえ分かれば解けた)。
TOEICとは何だったのか。
数学(1)はいつも過去問やっても全然解けなかったので、まあ4割解けたしいつもよりマシかなぁという感じ。
後になって、試験終了後30分くらいテストの回収などで暇なのですが、そこで落ち着いて解いたら解けて惜しいことをしたと後悔。
一番ショックだったのは数学(2)でした。いつもは過去問でもほぼ全て解けてたのですが、半分しか解けなくて。
情報に関しても満点を取るつもりがちょっと微妙な結果で改めてまだまだ勉強が足りないなぁと思い知らされました。

■ 合格

2012-07-23_01.jpg


いろいろと紆余曲折ありましたが、合格することができました。

■ 受験から学んだ教訓。後輩へ。

早く勉強しましょう。
早ければ早いほどいいです。
自信は勉強量に比例します。
努力は報われないかもしれないけど、努力をしなければ報われることはありません。

僕もこんなことをずっと言われ続けてきたんだろうけど、実際に本気になったのは受験2ヶ月前だったので、この言葉も届かないでしょう。
まあ、それでいいんだと思います。どうせみんなそうだし。
ただ、最後の最後で頑張れるか頑張れないかで未来は大きく違います。

エクシリアス君の次の頑張りにご期待ください。

【Apple】 iPhone 4S 32GB ホワイト au版買いました。 【スマートフォン】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

予約開始日の開始2時間後に予約して、発売日当日に手に入れていたのですが、ブログには書いていませんでした。
今更ですが。

2011-11-03_01.jpg
△ auショップにて

2011-11-03_02.jpg
△ 外箱

2011-11-03_03.jpg
△ iPhone 4の時は黒だったので今回は白にしてみました

2011-11-03_04.jpg
△ 通話中は通信できません(まあ、そもそも電話なんてしないですけど)

2011-11-03_05.jpg
△ iPhoneの下には印刷物一式

2011-11-03_06.jpg
△ さらにその下には、左からマイク付きイヤフォン、Dockケーブル、AC-USBコネクタ

2011-11-03_07.jpg
△ 印刷物一式


△ 今回買ったケース


△ 今回買った液晶保護フィルム

2011-11-03_08.jpg
△ 外箱

2011-11-03_09.jpg
△ 中身はこんな感じ

2011-11-03_10.jpg

2011-11-03_11.jpg
△ 白によく似合います

2011-11-03_12.jpg
△ iPhone 4Sからはミュートスイッチの位置が少し変更になったので、iPhone 4用のケースだと少しズレます

■ iPhone 4S について

iPhone 4のフォトレビューを見ていただければ分かりますが、4Sになり外観の変化はパッと見ではわかりません。それは本当で、実際にデザインが違うところは「ミュートスイッチの位置」と外側のステンレスアンテナを分割する絶縁体バンドの個数が一つ増えただけなのです。
外観の変化が無いのは多少ガッカリといえばガッカリですが、かといって4のデザインの時点ですごく完成度が高く、改善してほしい点も見つかりません。すでに完成されているのです。ジョブズが「消費者は実際にものを見るまで欲しいものが分からない」と言っていましたが、実際にこれ以上の欲しくなるデザインは浮かびません。そういった意味では、このデザインのそのままという選択は正しかったのかもしれません。5ではこのデザインを越えなくてはいけない、Appleも大変なものです。

外観の変化はなかったものの、中身の変化は大いにあります。
それだけでも4Sに変える価値はあると僕は思います。開発者なので一応すぐに乗り換えましたが、これは自信をもって今では勧めることができます。
「4S」だから変えないという人が居ますが、「5」って名前だったら買ったんだろ?と言いたくなりますね。
メモリが512MBのままで変化が無いというの一番の不安材料でしたが、使ってきて4とくらべ劇的な快適性が保たれています。ホームボタンのダブルクリックにも素早く対応し、4の時のイライラは既にありません。これはデュアルコアA5プロセッサ(定格1GHz、800MHz動作)の恩恵でしょう。
そして、二つ目の大きな内部変化である「カメラ」は素晴らしいです。4時代に悩まされた蛍光灯の下で撮影すると真ん中に青っぽいもやがかかる青カビ問題もなくなり、そして一番実感できるのは驚異の明るさ。非常に光を集めるようになりました。画素数のアップよりも、この明るさが僕は一番嬉しかったです。そして何より素晴らしいのが「カメラの起動の速さ」です。4の時はカメラの起動の遅さにシャッターチャンスを逃す場面が多かったですが、4Sは異常に早いです。数多くあるスマートフォンの中でもこれはトップクラスなのではないでしょうか。
動画撮影に関しても順当進化し、1080pの撮影に対応、そして驚くべきは手ぶれ補正にも対応したことです。僕はカジュアルな目的にしかカメラを使用しないので、もう4Sさえあればいいという感じ。めんどくさがり屋なので、別途カメラを持ち歩くということに耐えられない僕にはピッタリなカジュアルなカメラです。その場で編集でき、多くのアプリがあるのでいろいろな楽しみがあります(デジカメプログラミング楽しい)。

Siriは楽しいし、すごい。
4に音声コントロールがあったように「声で操作」は既にあったのですが、Siriはそれに「感情」を付け加えました。つまり、会話ができるようになったのです。これは革新的な技術ではありませんが、革新的な体験です。利便的な面はもちろんのこと、使っていて楽しいです。ただ、英語の場合はネイティブな発音でないと反応してくれないので、ジャパニーズイングリッシュだと反応してくれません。その点に関しては2012年には日本語のSiriがリリースされるので、それに期待ですね。

■ auへの乗り換えについて

今回、MNPで10000万円のキャッシュバックというのに惹かれたというのもあるのですが、一番の理由は回線の安定性からSoftbankからauへ乗り換えました。
Softbankは屋外では言われているほどひどくは無いのですが、屋内では本当にひどいです。
特にコンクリート造りの頑丈な建物内。そう、学校のような。うちの高専内のほとんどの場所で快適な通信がSoftbankではできないのです。しかも、校内無線LANはあるのですが、整備しただけで全く使い物にならない。一番多く居る場所で快適に使用することができないのです。これを見てください。

2011-11-03_14.jpg 2011-11-03_13.jpg
△ 左がSoftbank、右がau。学校内の同じ場所で計測。

Softbankはヒドイです。ホントにヒドイ。ダイヤルアップとかそういうレベルじゃないです。そもそも電波が安定してキャッチされない。教室内で通話なんてできたものじゃありません。電波ほしさに外に出るなんて当たり前です。そんな状況だったのでauに乗り換えました。auに乗り換えた後に同じ場所、同じ時間帯で計測したものが右側です。劇的な改善と言えるでしょう。これで授業中でも安定してソーシャルゲームができます。

このように、4Sには多くの魅力と楽しさが詰まっています。
変えるかどうか迷ってるなら変えちまえ!
5が出たらまた変えればいいじゃない!!

ということで、僕は4から4Sに変える価値は大いにあると思ったファーストインプレッションでした。

【Apple】MacBook Air 11inch をプレゼントしていただきました。【Mac】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

PBWEB.jpさんの「PBWEB.jp 10周年記念!フォロー&ツイートでMacBook Airを抽選で1名様にプレゼント!」という企画に応募したところ、なななななんと当選しました。

2011-06-13_11.png

ありがとうございます!

11月から我慢してた甲斐がありました!
ついに私もMBAユーザーの仲間入りです。

では、早速開封してみましょう。

2011-06-13_01.jpg
△ 外箱

2011-06-13_02.jpg
△ フタを開けたところ

2011-06-13_03.jpg
△ 付属品

2011-06-13_04.jpg
△ やはり今回もでした

2011-06-13_05.jpg
△ リンゴシール、リストア用USBフラッシュメモリ、説明書

2011-06-13_06.jpg
△ MacBook Pro 15inch と比較

2011-06-13_07.jpg
△ 一番下から MacBook Pro 15inch, MacBook アルミニウム 13inch, MacBook Air 11inch

2011-06-13_08.jpg
△ 横からも

2011-06-13_09.jpg
△ プレゼント品ですが、なんとキーボードまで選ばせていただきました!MBPと同じくUSキーボード

第一印象は、やはり薄くて軽いでした。
Macのノートパソコンは結構薄いのですが、思いの外重いです。
ですので、Macのノートは薄いけど重いというイメージを持っていたのですが、やはりMacBook Air。
Airという名に恥じない軽さでした。
この軽さでしたら、毎日学校へまるで大学ノートを持ち歩く感覚でバッグに入れて持ち歩くのも容易です。
ノートパソコンを買っても、その重さによってほとんど持ち歩くことが無かった私でもこれであれば毎日持ち歩きたい気分にさせてくれます。
また、この薄さのおかげて小さめのバッグでも入れることができ、それこそ大学ノートを入れるスペースがあれば持ち歩けてしまいます。

モバイルスペックを感じさせない使用感。
大胆にもSSDを搭載することによって、スペックはモバイルノートという感じですが、使用感はMacBook Proのそれと同程度のサクサク感です。
スペックからは想像もできない快適さにびっくりしました。
それは後述しますが、ある程度重くなったXcode4を用いた開発でも十分なパフォーマンスを発揮します。

意外ともつバッテリー。
学校へ持って行き、バックライトを半分くらいにしてレポートを書いたり、プログラミングしてみたりと実際の使用環境で使ってみましたが、1日の使用に十分なバッテリー容量でした。
頼りになる1台になりそうです。

そんなこんなで、MBAに惚れ惚れした数日間でしたが、ちょっとこれでアプリを作ってみたいと思い、Xcode4に慣れる意味でもアプリをMBAで1つ作ってみました。

2011-06-13_10.jpg

いまままでネット関係に疎くあまり触れていなかったジャンルだったので、今回はツイッタークライアントを作ってみました。
土日でデザインからコーディングまで完成し、近日中に問題が無ければリリース予定です。
XMLとかJSONとかなんだよ、という程度に全く知識が無かったのでいい経験になりました。
Webサービスとの連携って楽しい。

【Apple】MacBook Pro 15inch を買ってみました。【Mac】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

いままでは最初で最後のアルミニウムのMacBookを使っていたのですが、そろそろCore2Duoでは非力でビルドにも大幅に時間がかかるようになってきたので、効率化のためにも新型MacBookProを買ってみました。

2011-05-01_01.jpg
△ オンラインのAppleStoreで注文しました(カスタマイズしたかったので)

2011-05-01_02.jpg

2011-05-01_03.jpg
△ いつものデザイン

2011-05-01_04.jpg
△ Corei7にThunderbolt

2011-05-01_05.jpg
△ オープン

2011-05-01_06.jpg
△ 下には付属品

2011-05-01_07.jpg
△ 延長ケーブルとACアダプタ

2011-05-01_08.jpg
△ ソフトウェアディスクと印刷物一式

2011-05-01_09.jpg
△ この MacBook Pro は、あなたのために生まれました(ドヤァ

2011-05-01_10.jpg
△ 今回はUSキーボードにしてみました。スッキリ。キレイ。

2011-05-01_11.jpg
△ 15インチにしたので、キーボードにバックライトがついてます

2011-05-01_12.jpg
△ 15インチのアダプタは13インチのモデルにくらべ一回り大きい

2011-05-01_13.jpg
△ 13インチ、15インチ

2011-05-01_14.jpg
△ 移行アシスタントで環境はワンタッチでほぼ移行できます

2011-05-01_15.jpg
△ 今回はメモリを8GBにします

2011-05-01_16.jpg
△ 背面のネジを外して

2011-05-01_17.jpg
△ 裏蓋を取るとロジックボードが現れます

2011-05-01_18.jpg
△ 最初にビルドインされていたのはサムスン製の2GBx2

2011-05-01_19.png
△ 4GBx2で8GBにしました

2011-05-01_20.jpg

2011-05-01_21.jpg

2011-05-01_22.jpg
△ 持ち歩く用のバックパックはシンプルなデザインが素晴らしいインケースのものを購入

http://jp.goincase.com/products/detail/campus-pack-cl55334

2011-05-01_23.png
△ Boot CampでWindows7をインストールして、エクスペリエンスインデックスを測定

2011-05-01_24.jpg
△ キャンペーンで買ったiPod touch 32GB

2.0GHz Quad-core Intel Core i7
4GB 1333MHz DDR3 SDRAM – 2x2GB → 2x4GB
500GB Serial ATA Drive @ 5400
8x Double-Layer SuperDrive
MBP 15″ Glossy WS Display
US Keyboard/Users Guide-JPA

以前はiPhoneの母艦としてしかあまり活用してこなかったMacで、僕自身もMacはインテリアと周りに話していたわけですが、最近はiPhoneアプリをつくるようになってWindowsよりも触ってる時間が長くなってきました。
さらに、コンパイルすべきソースコードが500以上のプロジェクトを扱うことも増えてきて、クリーンビルドをすると今の環境では5分以上待たされることもしばしば。
これでは生産性が下がってしまうばかりか、楽しいことをしているはずなのにイライラが徐々に溜まっていくというパラドックスが生じてしまうので、思い切って新型が出たことだし買ってみました(後付の理由)。

今回は贅沢にもi7搭載の15インチモデルをメモリ8GBに増設。
ラップトップパソコンにしては結構高性能になりました。
Macでのパフォーマンスも劇的に改善し、先に述べたクリーンビルドの時間は1分以下に短縮されました(Xcodeはマルチコアに対応)。
また、Windows7のエクスペリエンスインデックスを見ても分かるように、デスクトップにも引けを取らないスコアです。

ディスプレイの大きさも13インチから15インチになり、解像度も上がりカナリ快適になりました。
やはり、デカイ、広いは正義。

今回思い切って選んだUSキーボードはまだまだ慣れが必要ですね。
ですが、キー数が減り、またプログラミングなどでもよく使うキーが押しやすい位置に変更されているのでだんだん快適になっていくと思います。
(非常によく使うアンダーバーなどはShiftの隣りという非常に押しにくい位置から0の隣りに変更されていたり)

いろいろと要らないモノを買ってしまう私ですが、今回は非常に有意義な買い物ができたと思います。
価格以上のエクスペリエンスを得られたのではないでしょうか。

さて、iPad2はどうしましょうか。