【カップうどん】赤いきつね うどん【マルちゃん】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

定番の赤いきつねです。

P30842102.jpg

P30841801.jpg

P30841500.jpg

評価:★★★★☆

麺とスープの相性は抜群。おあげは残念。

麺はTHE・カップうどんの麺!という感じの麺でした。
いわゆる、うどんっぽい硬さはあるんだけど、プルプルでコシのある麺というよりかは、単に硬いなぁという麺です。
まあ、どこもこんな感じの麺なので特に良い悪いを言うこともないです。
普通の麺。

スープ。
さすがに安定した美味しさです。長い歴史があるだけあります。
ダシが効いていて美味しかったです。
カップうどんのスープはもはやお店とあまりクオリティに差が出てこなくなりましたね。

このカップ麺で一つだけ残念だったのは、それはかやくのおあげが美味しくなかったことです。
きつねうどんなのに、おあげが美味しくないとはこれいかに。
ここに関しては競合商品であるどん兵衛と食べ比べてみます。

【カップラーメン】ラ王 香熟コク味噌【日清】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

カップラーメンの一つのフラグシップと言えるラ王から一杯。

P30390403.jpg

P30390102.jpg

P30389701.jpg

P30389400.jpg

評価:★★★★☆

意外と美味しかった一杯。

以前、ラ王が生麺から生麺風にモデルチェンジした直後に醤油ラーメンを食べて、値段相応の味じゃないなーと、つまり美味しくないと思ってたのですが、今回味噌ラーメンを食べたら結構美味しくてびっくり。
あまり期待しないで食べたからかもしれませんが、今回の味噌ラーメンは値段相応、もしくはそれ以上の味だと思いました。

麺は思ったよりもプリプリしていて、「まるで生麺」の名にそれほど恥じていない出来でした。
生麺までは及ばないけど、生麺風と言うならば、まあこんな感じかなぁと。
まるちゃん製麺といい勝負です。
ただ、やはり昔からのラ王を知っているので生麺という唯一のアイデンティティを失ったラ王はもはやラ王ではないと、今でも感じてしまいます…。
まあ、生麺は「即席ラーメン」と言いながら全然即席じゃなかったり、お湯が通常に二倍必要だったり、重量が重く輸送コストで不利などいろいろと問題がありますからねぇ…。
寂しいですが、仕方ないのかな、という感じ。

スープはさすがというか、美味しかったです。
まさに味噌、という味でした。
一般向けな辛さをちょっと超えたやや本気の辛さもプラス。
中太麺によく絡み、最後まで美味しくいただくことができました。

ということでラ王。
定価300円弱で、スーパーで200円強という感じでしょうか。
値段相応の味でした。
そこそこ太いチャーシューが入っていたのも嬉しいです。
あとは、ビジュアルの良さですかね。
カップラーメンはどうしても見た目が美味しくならないのですが、ラ王は珍しく見た目が美味しそうでした。
以前、まずいと思ってしまったラ王の醤油味をもう一回試してみたくなりました。

【カップラーメン】飲み干す一杯 担々麺【エースコック】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

エースコックの飲み干す一杯シリーズから一杯。

P53921503.jpg

P53921102.jpg

P53920801.jpg

P53920300.jpg

評価:★★★★☆

担々麺の中ではこれは上位に入る美味しさ。

麺はいつものエースコックの中太麺。
いわゆるジャンキーなフライ麺です。
味噌ベースのスープとも相性が良い。

スープですが、担々麺と言うと見た目はすごく辛そうなのに全然そんなことはなかったり、はたまた、ただ辛いだけのものだったりと、カップ麺でもラーメン屋で食べても担々麺はあまり美味しいものに巡りあったことがないのですが、このカップ麺は「ちょうどいいしっかりとした辛さ」があり、美味しかったです。
ただ、ちょっと塩味が濃かったかな?
規定量よりも多めに入れると美味しくいただける気がします。

【カップラーメン】飲み干す一杯 とろ炊き 味噌ラーメン【エースコック】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

最近は寒くなってきて、お昼にカップ麺を食べることが多くなって来ました。
一ヵ月に10食くらいはカップ麺を食べるのですが、いつも同じものばかり食べてると飽きてしまうので、結構いろいろなカップ麺を試します。
そこで、どれが美味しかったっけ?的なログを残してみようということで、カップ麺記録を始めてみます。

P29242205.jpg
△ 上蓋

P29241704.jpg
△ パッケージ

P29241403.jpg
△ お湯を注いだところ

評価:★★★★☆

飲み干す一杯シリーズは結構ファンなのですが、この味噌ラーメンも安定して美味しかったです。
麺はいつものエースコックの味。フライ麺です。良く言えばジャンキーなカップ麺らしい食感と味。悪く言えばジャンキーなカップ麺らしい食感と味という感じ。
僕は、カップ麺は本格派ではなく、カップ麺らしいラーメンを食べたくて食べるのでこれは好感触です。本格派が食べたいならそもそもラーメン屋行くしという話なので。
僕はジャンキーな食べ物が食べたくてカップ麺を選択することが多いです。

スープは、さすが飲み干す一杯と言うだけあります。美味しい。
味噌ラーメンなのですが、そこまで味噌が強いスープではありませんでした。
これは味噌ラーメンかな?と思う程度の味噌でしたが、美味しかったです。
程よい味付けで、カップ麺にありがちな鮮烈なしょっぱさが無くて良かった。
また、スープはとろ~り系なのですが、そこまでしつこくなかったのも好感触です。

値段も100円くらいとリーズナブルでコスパ高し。
これはまた食べたい一杯です。

 

 

テスト終ったぁぁぁぁあああああ

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

そして、僕の人生も\(^o^)/オワタ

さて、一応絶望的な雰囲気が漂ってる科目を上げてみると、
・物理(50点超えてれば神)
・歴史(化学頑張ったせいで歴史は電車の中でしか勉強しなかった\(^o^)/)
・数学A(一枚目がパラダイス☆)
こんなところでしょうか。
しかもそのうち二つが(歴史と数学)が前期科目という絶望。
※前期科目なのでこのテストがラストチャンス。あとは成績を待つのみ。
あー。楽に死ねる。

■ファンタシースターポータブルのレビューでも。
2008-08-07a.bmp
幼女ときぐるみ。

2008-08-07b.bmp
これは罠だ!

2008-08-07c.bmp
なんか、いろいろ混ざってる。

それでは、以下レビュー。
全体的な評価としては★★★★☆4/5といったところでしょうか。
普通に面白いですし、みんなとも盛り上がれます。
しかし、細かなところが残念極まりない。
具体的に書くと、
・見方(パーティー)のAIがバカすぎる
・モーションが少し不自然
・キャラに魅力を感じない(すごく・・・かわいくないです・・・)
・移動方法がダンジョン以外は選択形式
・ロックオンや主観きりかえの操作方法がすごく微妙
・会話で発言や行動の選択があるのに、フラグが立たない
こんなところでしょうか。
特に僕がプレイしててストレスを感じたのはAIと操作方法です。
まず、見方AIはあまり使い物になりません。
すぐ壁に挟まって付いてこなくなるし、自分から考えて戦闘しようとしません。
例えば僕が敵からすこし離れた場所から遠距離用の武器で攻撃をしてるとします。普通ならモンスターに近づいて攻撃しますが、PSPの場合は攻撃してくれません。ずっと僕の後ろにいるだけです。なので、自分が近距離用の武器で攻撃する分には何も問題になりませんが、いざ遠距離用の武器で攻撃するとなるとパーティーを組まないでソロで来ているのと同じ状況になります。
「キャラに魅力を感じない」というのに関しては…。うーん、なんでしょうねぇ。ぶっちゃけて言うとただ単に僕の好みではなかっただけなのですが、デザイン以外で改善できるところを上げると、会話時のバストアップ画は3Dの使い回し(3Dでデザインしたものをそのままキャプチャーしただけ)ではなく、ちゃんと2Dで書き直してほしかったです。
↓こんな感じ。
2008-08-07d.bmp
こんなところでしょうか。
もうちょっと作り込めばもっと良い作品になったと思います。

■MGS4の話。
ギガジンさんの記事でこんなのがあったので、これに対する僕の知ってるかぎりでの反論。
→メタルギアソリッド4がXbox360では発売されない5つの理由、逆に発売されそうな5つの理由

>逆に発売されそうな5つの理由
このように伝えていますが、その「可能性」というのは極めて低いと思われます。
実は、高専の情報処理の先生。
MGS4のメインプログラマーの一人と知り合いなんです。
なんか東大に在学してた時の後輩だとかなんとか。
実は先生もその彼がMGS4のメインプログラマーになっていたと気づいたのは最近のようで、ふとMGS4のトレイラーを見ていたらなんか知ってる名前が出て来て、実際に聞いてみたら本当だったとか。
で、その彼にいろいろと聞いて来たみたいです。
「これからプログラマーを目指す人へのメッセージ」とか「今、プログラマーに求められているスキル」とか「なぜPS3独占なのか」とか。
回答としては、

僕ら開発チームも「本当にPS3でいいのか」という感じで開発を始めた。
PS3はきちんとプログラミングしないとパフォーマンスを発揮できないから普通のゲーム開発(PS2とか)と比べてかなり難航した。
「マルチプラットフォーム化しない」というよりは、最高のパフォーマンスを発揮するためにPS3のためのガチガチなプログラムで作ったため「マルチプラットフォーム化はできない」と言う方が正しい。
もし作るのならば、またプログラミングし直さなければならない。

だそうです。
※二ヶ月前くらいに聞いた話なので相当記憶が曖昧。でもたぶんこんな感じだったと思う。

開発チームのメインプログラマー直々の意見なのでかなり信用できる情報だと思います。
それにしても、やっぱり東大ってすごいなぁ。
なんか、彼のプログラミング能力はズバ抜けていたようで、彼が課題などで作ったプログラムは他の人が作ったプログラムよりずっと高速だったそうです。

■スクイズ。
今更感アリアリですが、今日一日で最終話まで全部見ました。
刹那かわいいよ刹那。
そして、誠氏ね。

以下、最近ニコニコしたものとか。


サムネホイホイ


ワンクールのレギュラーより、一回の伝説。


高専生の本気。


アッオッエーイエイエー

夏休みはハイパーニートタイムにかぎるね!