ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 見ました。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

見てきたので軽くネタバレしない程度に感想でも。

P38370901.jpg

分けわかんなかったけど、面白かった。

まあ、この一言に尽きるかなぁと。
序、破と単純明快路線で来て、これは庵野さんも本気だわ!と思ってたわけですが、やはりいい意味でも悪い意味でもいつもの庵野さんに戻ってしまいました。
庵野節全開です。

破の最後でサードインパクトが起きかけていましたが、謎展開にはならず、Qはその続きから始まります。
しかしながら、それは破の最後から14年後(? 忘れました)という状況からQは始まり、またその14年間に何が起きたとかいう補完は一切ありません。
いわゆる、いつもの視聴者置いてきぼり展開です。
そして、これらはそれほど多くは語られぬままQのエンディングとなります。

分けわからないですねぇ。

Twitterや2chでネタバレを見なかったのですが、やっとその理由が分かりました。
だって、分けわかんないからネタバレしようにも、できないもん。

ただ、この分けわからない感は僕はそこまで批判的に取ってなく、むしろ、「まあ、これがエヴァかな」と思ってしまって、ポジティブに取っています。
分けわからない状況を楽しむのがエヴァかなぁと思うので僕は楽しめました。
これで、最終章がまたおめでとうエンドだったら盛大に笑う。

【以下若干ネタバレアリ】

この分けわからない感じは、もしかするとシンジくんと同じ気持に視聴者を置きたかった、という演出なのではないか、と僕は思っています。
とりあえず、14年間の間に何が起こったかはシンジくんも知らないわけで(シンジくんはこの14年間はずっと眠っていたことになっています)、それでこんなにも混乱してるわけで。
それを回想などは一切入れずに、シンジくんに物語の中で伝えたものだけを視聴者に伝えることで、シンジくんと同様の状況に視聴者を置きたかったのかなぁと。

あと、破で散々事前情報で「何このメガネ!」とか「エヴァに新キャラ?!」と盛り上がっていたマリでしたが、蓋を開けたら「ザ・ビースト」の一発屋でとんだかませ犬じゃねーかwwww と思ったわけですが、Qで結構な活躍で結構な尺で登場していたのでよかった。

また、綾波がすごく空気だったのはうーん、という感じ。
まあ、破であれだけ綾波は可愛かったし、たくさん登場したし、ポカポカもしたので、バランス取れてると言えば取れてるのですが…。うーん。
ただ、アスカは相変わらずでよかった。

シンジくんはアスカがこのように形容しているように、
「これだとバカっていうより、ただのガキね」
まさにこれでした。
アニメ時代のシンジくんは内気根暗キャラでしたが、新劇場版になって結構アグレッシブになりました。
これはQでも健在でそのアグレッシブさが逆に……という感じ。
まあ、シンジくんの置かれた背景を見れば納得できます。

カヲルくん。
相変わらずホモでした。
CMでシンジくんとカヲルが映っていて、シンジくんが頬を染めるというものがあり、オイッ!!と思ったわけですが、映画中でも複数回その演出があり、心のなかでオイッ!!と思ってしまいました♂
「うん…カヲルくん、気持ちいよ」 オイッ!!!
まあ、よかったです。

つらつらと面白かったとかつまらなかったとか、小学生並みの感想を書いたわけですが。
純粋な僕の見た感情はこのような感じです。
全体として、作品として面白かった。
ただ、これが一般ウケするかと言われるとどうでしょうかと。
賛否両論あるのは作品としては良いことだと思います。
はたして、これは金曜ロードショーで放送できるのかな…w

最後に、2chでこの映画を見事に表したコピペがあったのでご紹介。

飲み会に一時間遅れていったシンジくんが
「今なんの話?」って輪に加わろうとしたら、「盛り下がるから黙っててくれる?」って怒られて
優しい友達が、「このギャグやればバカうけだよ」って気を使ってくれたんで
思い切ってやってみたら、「お前、それだけはやるなよ!」ってみんなに怒られて、
居酒屋の隅に寝っ転がって泣いてたら、友だちのアスカちゃんが「帰るわよ」って迎えに来てくれた話。

おまけ。

P38370600.jpg

初めていわゆる「二郎リスペクト系」のラーメンを食べてみました。
巷で「残飯ラーメン」と言われてるやつです。

うん。
セオリー通りに最初に麺を食べたのですが、スープと麺の相性は絶妙で美味しかった。
麺を食べ終わった後にそれで終わっていれば楽しい思い出で終われたでしょう。
しかし、そこにはモヤシのタワーが…。
麺はイケたのですが、やはりモヤシは辛いですね。
一言で言うと、飽きる。
食感にも味にも飽きる。
それにつきます。
ただ、完食すると達成感もあり、またスープと麺は美味しかったので、全体としては美味しかったと言えます。
今回は豚(チャーシュー)を一枚友達にヘルプしてもらったので、麺200g、脂少なめ、チャーシュー1枚、野菜半分、でオーダーすれば幸せになれると思います。

あれ?それって普通のラーメンじゃね?

【カップラーメン】飲み干す一杯 背脂 とんこつ【エースコック】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

今回もエースコックの飲み干す一杯シリーズからご紹介。

P69120602.jpg

P69120201.jpg

P69119900.jpg

評価:★★★★★

飲み干す一杯シリーズはファンですが、これも安定して美味しいです。

麺はいつものエースコックの麺。
フライ麺で、かつ豚骨スープ用の細麺なので、カナリジャンキーな麺に仕上がっています。
カップ麺らしいジャンク感で安定した美味しさ。

スープは名前負けしておらず、飲み干したくなる美味しさです。
それほどまでクセのある豚骨ではなく、ほんのり豚骨な感じのスープ。
鮮烈な塩味もなく、比較的まろやかにまとまっており、食べやすいです。

そして、毎回思うのですが、このクオリティーを100円台で仕上げてきているすごさです。
コスパ最強。
また食べたい一杯。

【カップラーメン】飲み干す一杯 とろ炊き 味噌ラーメン【エースコック】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

最近は寒くなってきて、お昼にカップ麺を食べることが多くなって来ました。
一ヵ月に10食くらいはカップ麺を食べるのですが、いつも同じものばかり食べてると飽きてしまうので、結構いろいろなカップ麺を試します。
そこで、どれが美味しかったっけ?的なログを残してみようということで、カップ麺記録を始めてみます。

P29242205.jpg
△ 上蓋

P29241704.jpg
△ パッケージ

P29241403.jpg
△ お湯を注いだところ

評価:★★★★☆

飲み干す一杯シリーズは結構ファンなのですが、この味噌ラーメンも安定して美味しかったです。
麺はいつものエースコックの味。フライ麺です。良く言えばジャンキーなカップ麺らしい食感と味。悪く言えばジャンキーなカップ麺らしい食感と味という感じ。
僕は、カップ麺は本格派ではなく、カップ麺らしいラーメンを食べたくて食べるのでこれは好感触です。本格派が食べたいならそもそもラーメン屋行くしという話なので。
僕はジャンキーな食べ物が食べたくてカップ麺を選択することが多いです。

スープは、さすが飲み干す一杯と言うだけあります。美味しい。
味噌ラーメンなのですが、そこまで味噌が強いスープではありませんでした。
これは味噌ラーメンかな?と思う程度の味噌でしたが、美味しかったです。
程よい味付けで、カップ麺にありがちな鮮烈なしょっぱさが無くて良かった。
また、スープはとろ~り系なのですが、そこまでしつこくなかったのも好感触です。

値段も100円くらいとリーズナブルでコスパ高し。
これはまた食べたい一杯です。

 

 

【iPhone】 GTA3 グランドセフトオート3 クリアレビュー

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

実はクリアしたのは半年前くらいな気もしますが、しっかりとスクリーンショットを保存したりしてたので、レビューを書いてみます。

このゲームは元はPS2で出されていて、そのiPhone版です。
実はこのゲームは僕は以前プレイしたことがあって、小学生くらいだったかな?それくらいのときにプレイした記憶があります。
当時は、こんなに自由でこんなにもクレイジーなゲームに出会えてすごく興奮したことを覚えています。
その頃から僕はGTAシリーズのファンでした。
で、ちょうどその頃だったと思います。このゲームが問題になって有害図書指定になったりしたのは。
当時は悲しかったですが、歳をとって再度プレイしてみると、やはりこれは小学生のうちにやるもんじゃないなぁと思いました。はい。

まずは、スクリーンショットから。

2012-11-02_01.png

2012-11-02_02.png

2012-11-02_03.png

2012-11-02_04.png

2012-11-02_05.png

2012-11-02_06.png

2012-11-02_07.png

2012-11-02_08.png

2012-11-02_09.png

ついにiPhoneは自由を手に入れた。
※iPhoneで本格的に遊べる自由度の高いオープンワールドアクションゲームが登場した、という意味です。

5 :ストーリー(引き込まれるような物語か)
8 :グラフィック(人物、背景、エフェクトなどのクオリティ-)
8 :インターフェイス(画面構成、メニュー画面などの見やすさ、操作の良さ)
8 :操作性(反応速度の良さ、直感的な操作が可能か)
8 :サウンド(音楽や効果音の良さ)
10:熱中度(ハマり度、のめり込み度)
10:継続度(途中で飽きないか、長期間遊べるか、何回も楽しめるか)
9 :革新性(目新しいシステムや画期的なゲーム内容であるか)
9 :ゲームバランス(難易度やテンポ等、全体的なバランス)
10:その他(ロード時間、親切度、チュートリアル、マニュアルなど)

総評:86点/100

【ストーリー】
ストーリーは仲間に裏切られた男の復讐劇となっており、どんでん返しがあるわけでもなく普通。
ハッピーエンドします。
登場するキャラクターも結構一期一会というか、4つくらいのミッション(≒クエスト)をクリアすると交流がなくなるなど、ストーリーは蛋白です。
ただ、それはあまり気になりません。
というのもこれは、オープンワールド系ゲームであり、プレイヤーが好きなように遊ぶゲームなので、ストーリーはそこまで重要ではないのです。

【グラフィック】
ファンタジーゲームとは違い、現実をモデルとした都市のマップなので、必然的にビルや人など描画すべきオブジェクトの数が多くなってしまうため、プロジェクション(どれくらい奥まで描画するか)が短く、自動車などで素早く移動していると、いきなりビルが現れたりなど多少の不満点はあるのですが、それでもPS2のグラフィックをほぼ完全に再現しており、僕は満足でした。
それと、変な言い方ですが、GTA3はこういう若干チープなモデルというか、人物キャラクターの方がゲームが映える気がするので、むしろ良いような気もします。
あまりにリアルにしすぎると、逆に怖くなりますしね(ミッション内容がアイツを殺せ、とかなので)。
いい意味でゲームらしいグラフィックと言えるでしょう。

【インターフェース】
【操作性】
iPhoneでアクションゲームは少しつらい印象だったのですが、無事クリアもでき、そこまで操作性に関しては問題なかったように感じます。
ただ、ひとつ気になったのは武器の切り替えです。
PS2版ではLRボタンで切り替えることができたのですが、iPhoneにはそんな物理ボタンは無いので、タッチ操作でした。
その操作が非常にしにくく、武器チェンジにはイライラさせられました。
PS Vita版MGSみたいな変更の仕方だとベストだったんですけどね…。
(武器ボタンホールドで武器一覧が表示されて、その武器へ指をドラッグすることで選択する)

【サウンド】
GTAといったら車に乗った時に流れるラジオですね。
英語なので、意味はそこまでわかりませんが、結構笑えます。
GTAはグランドセフトオート=車泥棒とタイトルにもあるように、結構自動車の運転に力を入れたゲームで、挙動などもリアルです。
そして、面白いことにBGMが変わるなどではなく、実際に放送しているかのようなラジオ番組流れるのです。
こういった演出は初めてだったので、GTAの魅力の一つと言えます。

【熱中度】
【継続度】
途中で飽きることはありませんでしたし、また、以前にもプレイしたことがあったのにもかかわらず新鮮な気持ちで楽しむことができたので、熱中度、継続度ともに高いスコアと言えます。
また、ミッション制なので、止め時がすぐに見つかるのがiPhoneとの相性も良かったように感じます。

【革新性】
やはり、オープンワールド系ゲームを日本に知らしめた、という意味でGTAシリーズは非常に意味のある作品だと思います。
また、基本的にはミッションをしても何をしてもいいのですが、ミッション自体に結構ストーリーがあるので、一本道ゲームが好きな日本人にとっても非常に馴染みやすいオープンワールド系ゲームだと感じました。

【ゲームバランス】
ちょっと難しい、という感じでしょうか。
実は、小学生の時にプレイしたときはクリアすることはできずに、途中で詰んだ記憶があります。
なので、ただでさえ難しいゲームなのに、これをPSコントローラよりも粗悪な環境でやるのかぁ…という感じだったのですが、僕自身が成長したのか知りませんが、無事にクリアすることができました。
しかしながら、簡単にクリアできたとは言えず、一筋縄では行かず苦労したミッションもありました。
そういう意味では、ちょっと難しく、非常に良いゲームバランスだったのではないでしょうか。

【その他】
ロード時間はそれほど気になるレベルでもなく、またiPhone用にオートセーブをしてくれたりと、いろいろと親切に作られていました。

ということで、まったり移動中や授業中などスマホならではの遊び方を利用して最後までクリアすることができました。このクオリティーのゲームがこんな小さな携帯端末で遊べる、というのも驚きですが、これが数百円で買えるというのも恐ろしいほどの驚きです。
もはや携帯ゲームはお手軽ゲーとは言えなくなりました。
事実、これはPS2のゲームをそのまま移植したものです。
すごい時代になったものです。

【FF10】ファイナルファンタジー10 クリアレビュー

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

2012-08-05_01.jpg

FF13があまりにも茶番ストーリーだったので、泣けるゲームがしたくなって、久々にPS2を引っ張りだしてきてFF10をプレイしてみました。
今回二回目のプレイです。一回目は発売当初で僕がまだ小学生の頃です。
もうそんなに経ったのかーとちょっと感慨深い。

クリアタイム:68時間

2012-08-05_02.jpg

2012-08-05_03.jpg

レビューの前に一応クリア状況を。

【最強武器】
・ティーダ
・ユウナ
・アーロン
・リュック
は最後まで武器を強化して最強武器を手に入れました。キマリとルールーはミニゲームが難しすぎたというよりかは、これマジメにやったらかなりイライラするだろうなーと思って手を出さなかったです。ワッカの最強武器は単純にブリッツボールをやるのが面倒だったので手に入れませんでした。

【スフィア盤】
・ティーダ:ティーダエリア→アーロンエリア
・ワッカ:ワッカエリア→アーロンエリア
・アーロン:アーロンエリア→ティーダエリア
・ユウナ:ユウナエリア→ルールーエリア
・キマリ:キマリエリア→リュックエリアで「盗む」を覚えさせて→ワッカエリア
・リュック、ルールー:各キャラのエリア

【ラスボス戦での主要メンバー】
ティーダ、アーロン、ワッカ。物理攻撃ゴリラ。
ティーダに「使う」を覚えさせて補助系も兼任。回復がやばくなったらユウナを投入。
召喚獣はオーバードライブは強いですが、オーバードライブ後の次の行動が遅すぎるので、ラスボス戦では一切使いませんでした。
そもそも、主要メンバーを攻撃ゴリラで育てたのでアーマーブレイクした状態だと3万とか一発で食らわせられたりするので、召喚獣に頼る必要もありませんでした。

それでは、レビューとか。

何年経っても色褪せない名作

10:ストーリー(引き込まれるような物語か)
10:グラフィック(人物、背景、エフェクトなどのクオリティ-)
7 :インターフェイス(画面構成、メニュー画面などの見やすさ、操作の良さ)
5 :操作性(反応速度の良さ、直感的な操作が可能か)
10:サウンド(音楽や効果音の良さ)
9 :熱中度(ハマり度、のめり込み度)
9 :継続度(途中で飽きないか、長期間遊べるか、何回も楽しめるか)
9 :革新性(目新しいシステムや画期的なゲーム内容であるか)
9 :ゲームバランス(難易度やテンポ等、全体的なバランス)
8 :その他(ロード時間、親切度、チュートリアル、マニュアルなど)

総評:86点/100

【ストーリー】
期待通りです。
最高でした。
二回目のプレイだったのですが、安定して号泣できました。
ここ数年でプレイしたFFは9、10、13なのですが、9は一番気持ちよく終われるキレイなEDのFF、13は茶番、そして10は感動できるストーリーだったと思います。
エンディングも非常に良かったです(FF10-2は蛇足なのでやらない方がいい)。

10はホントにストーリーを盛り上げるために様々なシステム面からのアプローチも素晴らしかったように思えます。
シリーズ初のフルボイス。モーフィングによるフェイシャルアニメーション。ボスのイベントムービーからシームレスに戦闘に変わるFF初の演出。また、戦闘中のイベント。いい意味での一本道のマップ(詳しく後述します)。
ストーリー自体も素晴らしかったですが、それを盛り上げるシステム面からのサポートも素晴らしかったです。

また、今まで「戦闘の一要素」であった召喚獣が今回は単なる戦闘の一要素ではなく非常にストーリーに絡んできます(なので召喚士であるユウナしか召喚獣は使えない)。
シンを倒すという一つの大きな目標を元に、それに付随する召喚や召喚獣、そして召喚士というモノの立ち位置が非常に良かった。この作品の中でこの召喚というのは非常に大きな要素の一つとなってました。

ストーリーの展開も良く、シーモアという魅力的な敵キャラも最後まで物語を盛り上げてくれました。
FF13では張ったら放ったらかしだった伏線もスフィアを集めることで回収することができたりと綺麗にまとまっています。
また、「シン」を倒すという目的があるのですが、微かに「きっとその裏には何かあるんだろうな・・・」と物語の展開を期待させてくれ、その期待通りに最後の方にはどんでん返しが待ってました。
なぜ、主人公は1000年前のザナルカンドから「シン」のいるエボンへやってこれたのか?
なぜ、シンは復活してしまうのか?
そもそも、シンって?
これらの謎が終盤に綺麗に解き明かされます。
ホントにストーリーの展開が上手かったです。

いい意味での一本道。
FF10からFFでは初のワールドマップが無くなって、ワールドマップを移動して次の場所へ行く、ということが無くなりました。→つまり一本道となりました。
これは賛否両論あると思うのですが、FF10に限っては僕はこれは一本道で良かったと思います。
理由は一つでその方がストーリーの趣旨に合うからです。
ユウナたちは「シン」を一刻も早く倒すことを目的に旅をしていて、それはそうしないとシンが次々と都市や村を破壊してしまうので、これ以上新たな犠牲を出さないためにも緊急を要するのです。
よって、旅は「最短」で行うべきで、最短を実現するにはカーナビのナビのように一番良いルートで旅をする必要があるのです。
このため、一本道は必然であり(寄り道なんてしてられない)、ストーリーに矛盾しません(むしろこの方が自然)。
また、FF13のように一本道感を感じさせないゲームデザインになってたのでなおさら僕は一本道であることをマイナスポイントには考えません。
FF10の一本道はむしろプラスに考えるべきだと僕は思いました。

【グラフィック】
単純に驚きました。
このクオリティーで10年も前の作品なのかと。
プリレンダリングムービーは当たり前ですが、リアルタイムレンダリングのCGにあそこまでのクオリティーにはホントにびっくりです。
顔の表情もテクスチャーの貼り替えではなく、ちゃんとモーフィングによってフェイシャルアニメーションしていて、声との同期も不自然が無かったです。
フィールドマップもそこまで見劣りがするわけでもなく、今でも全然遊べます。

【インタフェース】
【操作性】
この辺のことで一番不満だったのは、カメラが固定カメラだったことです。
Wikipediaなんかを見ると、開発段階はカメラを任意に変えられたっぽいのですが、3D酔いをするという理由で現在の固定カメラの形に落ち着いたらしいです。
しかし、任意カメラのFF13をプレイした後なので確実に任意にカメラは操作出来た方が良かったと感じました。
カメラの角度が変わるたびにスティックを倒す方向を変えなきゃでイライラしました。

また、もう一つの不満点は戦闘でキャラや敵キャラの選択がやりづらかったことです。
中途半端に斜めからの絵になるので、スティックをどちらに倒せば自分のパーティーを選択できるのかよく分からなく、毎回上下なのか左右なのかミスった(USBの差込口みたいなイライラ)。

【サウンド】
素晴らしかったの一言です。
テーマ曲から、フィールド曲、ボス戦までも非常に場面にマッチしたBGMでした。
ラスボス戦のデスボイスのヘヴィメタBGMも笑ってしまいましたが、よく合っていてよかったです。どちらかと言うとOtherworldもジェクトのテーマなのかもしれませんね。もしくはジェクト親子のテーマ。そう考えるとラスボス戦の選曲は自然ですし、良かったと思います。

【熱中度】
【継続度】
プレイ開始から一週間かからずクリアしてしまうほどハマりました。
二回目のプレイでこれなので、カナリすごいです。
次を知りたくなるストーリー展開、適度なダンジョンの長さ、適度なゲームバランスのボス。
全てがちょうどよくて「投げる」ということは無かったです。
ただ、一つだけ不満点があるとすれば、それはムービースキップができなかったことです。
なのでシーモア戦のように強いくせに、直前のイベントが長いボス戦のやり直しは非常にイライラさせられました。

【革新性】
毎回システムがガラリと変わるのがFF。
今作のFF10は最もシステムがガラリと変わったのではないでしょうか。

2012-08-05_04.jpg
今までのATB(アクティブタイムバトル)からCTB(カウントタイムバトル)へ。
今まで伝統だったATBを廃止して、今回はゲージの無いCTBになりました。
CTBを言うならば「最もベストなタイミングでATB戦闘をさばいた結果」でしょうか。
つまり、FF9とかであったATBゲージが溜まった瞬間に一旦時間の進行が止まった時のバトルがCTBです。
ターンという概念が無く素早さによって行動の順番が敵味方関係なく決まるのでATBのようなシステムを含んでいて、それをより戦略的にプレイできるように変えたのがCTBだと感じました。
CTBウィンドウによって3周くらい先まで敵味方の行動順がわかるので、いろいろと先を読んで行動を決めることができます。

2012-08-05_05.jpg
レベル制を廃止してスフィア盤システムに。
今作はレベルという概念はなく、敵を倒すとアビリティーポイントというものがもらえて、それをある程度集めるとスフィアレベルというものがあがり、それを消費することで成長させていくシステムになりました。
キャラの成長していく道筋は決まっておらず(最初のうちは制限されているので決まっている)、途中から主人公をヒーラー側に持って行きケアルなどの回復魔法を覚えさせることもできます。
僕は冒頭でも書きましたが、攻撃ゴリラでバトルメンバーを固めました。

【ゲームバランス】
非常に良かったのではないでしょうか。
序盤は召喚獣のオーバードライブ(必殺技)強すぎって感じなのですが、徐々に召喚獣のゴリ押しだけではボスなどを倒せなくなってきます。
普通のボス戦はそこまで苦労しないのですが、シーモアだけは別格で彼とは計4回も戦うのですが(何度でもよみがえるらしい)、このシーモア戦が良いアクセントになっています。
シーモアは一筋縄では倒せないので、ちょっと戦略を考えさせるボスキャラとしてゲームを盛り上げてくれました。

【その他】
ロードなどはそこまで気にならなかったと思います。
不満点はイベントスキップができなかったくらいですかね。
あとは、ちょっとエンカウントしすぎかなーと思いました。
後半は「エンカウント無し」というアビリティを持った装備をすることができるので、ミニゲームなどをやっている時はこれを装備してプレイすればイライラしないのですが、これが無かったと思うとホントに怖いほど結構エンカウント率高かったです。

 

ということで、FF13にガッカリして泣けるFFをプレイしたくてFF10をプレイしたわけですが、二回目なのに安定して号泣できてビックリしましたし、大変満足のいく作品でした。
ぜひとも、まだプレイしていない方にはプレイしていただきたいです。

ホントに、ホントに良い作品。