【カップうどん】緑のたぬき 天そば【マルちゃん】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

P85117103.jpg

P85116802.jpg

P85116501.jpg

P85116200.jpg

評価:★★★★★

どん兵衛よりもマルちゃんの赤いきつねと緑のたぬきを好んで食べるのですが、久しぶりに食べたら安定して美味しかったです。
安定したそばが食べたかったら緑のたぬきだなぁという感じ。

麺はオーソドックスなそば麺です。
食感は結構そば特有のぶつ切れ感が出ていてよかったと思います。
ダシとの相性もよかったです。

スープも文句なし。
まさに王道という味付け。
若干濃い目ですが、そばの麺と合わさってちょうどいいくらいでした。
スープ飲みたいならお湯を多めに入れるといいと思います。

一番この緑のたぬきのプラスポイントはかやくの天ぷらです。
意外と美味しくてびっくりしました。

やはり、昔から続いているブランドだけあって、安定した美味しさでまた食べたくなる味でした。

【PlayStation Vita】メタルギアソリッド2 HDエディション クリアレビュー

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

初プレイは小学生中学年くらいでしょうか。
VitaにHDエディションとしてMGS2が出たのでプレイしてみました。

クリアタイム:18時間

mgs2_01.jpg

2012-09-25-001501.jpg

2012-09-25-013750.jpg

2012-09-25-233940.jpg

2012-09-27-140720.jpg

2012-09-27-175057.jpg

2012-09-27-205337.jpg

2012-09-27-210546.jpg

2012-09-27-225522.jpg

2012-09-27-225635.jpg

2012-09-28-143021.jpg

2012-09-28-143152.jpg

2012-09-28-144058.jpg

2012-09-28-151957.jpg

2012-09-28-175144.jpg

異色ながらいつもながらのMGS

9 :ストーリー(引き込まれるような物語か)
8 :グラフィック(人物、背景、エフェクトなどのクオリティ-)
7 :インタフェース(画面構成、メニュー画面などの見やすさ、操作の良さ)
5 :操作性(反応速度の良さ、直感的な操作が可能か)
8 :サウンド(音楽や効果音の良さ)
10:熱中度(ハマり度、のめり込み度)
8 :継続度(途中で飽きないか、長期間遊べるか、何回も楽しめるか)
8 :革新性(目新しいシステムや画期的なゲーム内容であるか)
10:ゲームバランス(難易度やテンポ等、全体的なバランス)
8 :その他(ロード時間、親切度、チュートリアル、マニュアルなど)

総評:81点/100

 

【ストーリー】
【革新性】
このMGSは異色で、二つの物語から成り立っており、それぞれの物語で主人公が違います。
MGSと言えばスネーク!でしたが、このMGS2はなんとスネーク以外が主人公になるのです!
タンカーに乗り込み新型メタルギアの証拠をつかむことを目的とするタンカー編。
海上のプラントに潜入し、大統領を助けるプラント編。
この二つの物語からMGS2は構成されます。
タンカー編はスネークが主人公。プラント編はスネークがではなく、今作が初登場(後に4でも登場)の雷電が主人公です。
ここで驚きなのが、なんと物語の構成が、タンカー編が2割、プラント編が8割ということです。
今回スネークはオマケで、雷電がメインなのです!

タンカー編はスネークを操作して、新型メタルギアの証拠をつかむことが目的です。
いつものMGSのようにスニーキングメインで進んでいきます。
今回の作戦サポートはオタコンなので、スネークとオタコンとのやり取りも面白かったです。
また、今回の目的は証拠をつかむことなので、カメラを持たされます。
このカメラはいつでも撮ることができ、最終的にオタコンに送ります。
この時に撮った写真に対してオタコンがリアクションをするのですが、それがいろいろと芸が細かく面白かったです。
よく作りこんでるなぁと思いました。

プラント編は雷電を操作し、テロリストに占拠されてしまった海上のプラントに潜入し、人質となっている大統領を助けることを目的にしています。
その後、いろいろと新事実が発覚し、目的は徐々に変化していくのですが、その中で行うミッションが面白かったです。
MGS2はMGS3のような一本道ではなく、箱庭形式のステージでいろいろな任務にあたります。
例えば、爆弾が仕掛けられた、という情報が入れば雷電は爆弾を除去することになります。
このように、箱庭の中でいろいろと目的を変えながら何度も何度も同じ所を往復するのは僕はMGSでは初めてだったので楽しめました。
MGS名物のラスボス戦でいきなり謎戦闘になるのも健在で、MGS2でもラスボス戦はまさかの剣術アクションでした。
ゲーム内容も相変わらず作りこんでおり、例えば女子トイレの中でグラビア雑誌を見て無線をすると…などいろいろと今回もネタが多く仕込まれてました。
 

【グラフィック】
これはリメイクではなく、HDリマスターなので、Vitaに向けて最適化して作られたわけではないのですが、普通に良かったです。
おそらく、3Dモデルのポリゴン数などは変更していないので、モデルの滑らかさでは不満があるものの、テクスチャがちゃんと高解像度対応になってたので、パッと見のグラフィックはそこそこです。
携帯ゲーム機ということを考えると、不満はありません。
 

【インタフェース】
綺麗に整理されてて良いかなと思いました。
ただ、一つだけ不満があるとすれば、それはあまりメニュー画面でサクサクカーソルが動かないんですよね。
そこはちょっとストレスでした。
 

【操作性】
MGS4を既にプレイしているので、やはりこのMGS2の固定カメラの操作性はホントにイライラしました。
アクションゲームにおいて、自由なカメラ操作ができることが主流の中、やはりこの固定カメラはプレイしていてもどかしさを感じざるをえません。
あとは、背面トラックパッドを全く活用できていなかったこともBAD。
 

【サウンド】
良いですね。
MGSのBGMはサントラを買ってまで聞くのですが、やはりMGS2も良い出来でした。
ただ、ちょっとBGMを効果的に使えていないというか、MGS3や4に比べるとサウンドによる演出が薄いと感じました。
 

【熱中度】
【継続度】
最後まで飽きること無く一気に遊ぶことができました。
アクションゲームなので20時間くらいでクリアできるのもGOOD。
また、今回はトロフィー機能が入り、ドックタグ集めなどのやりこみ要素がただのオナニーで終わることはなく、ちゃんとみんなに示すことができるようになったのもプラスです。
 

【ゲームバランス】
ノーマルでプレイしたのですが、ちょうど良かったです。
適度にゲームオーバーになり、簡単すぎることもなく、また何度かやればクリアできるようになるなど、難しさもちょうどよかったです。
 

【その他】
MGSのマニュアルはいつもすごく分厚いことで有名ですが、今回は電子ブックになっており、またその中身も非常に簡素なものになっています。
しかしながら、ちゃんとゲーム内でチュートリアルという形でフォローしてくれるので、迷うこと無く操作することができました。

一つ気になったことを挙げるとするならば、それはロード時間です。
決して長いわけではないのですが、ステージの移動やメニュー画面・無線画面を開くときなど、短いロードが頻繁に入り、すこしイライラしました。
メディアがディスクからカードになったので、もうちょっとロード時間に関しては頑張って欲しかったです。
 
 
 
ということで、感想をつらつらと書いてみました。
現在はこのHDエディションに同時収録されているMGS3をプレイしていますが、やはり面白いです。
MGS2とMGS3の二つが入って4000円弱。
非常にオトクだし、満足度も高いと思います。
初めてプレイする人にもオススメだし、もちろん既にプレイしている方にもオススメできます。
なんせ、僕自身が既にMSG2も3もPS2でプレイ済みですから。
それでも十分楽しむことができます。

    

【カップうどん】赤いきつね うどん【マルちゃん】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

定番の赤いきつねです。

P30842102.jpg

P30841801.jpg

P30841500.jpg

評価:★★★★☆

麺とスープの相性は抜群。おあげは残念。

麺はTHE・カップうどんの麺!という感じの麺でした。
いわゆる、うどんっぽい硬さはあるんだけど、プルプルでコシのある麺というよりかは、単に硬いなぁという麺です。
まあ、どこもこんな感じの麺なので特に良い悪いを言うこともないです。
普通の麺。

スープ。
さすがに安定した美味しさです。長い歴史があるだけあります。
ダシが効いていて美味しかったです。
カップうどんのスープはもはやお店とあまりクオリティに差が出てこなくなりましたね。

このカップ麺で一つだけ残念だったのは、それはかやくのおあげが美味しくなかったことです。
きつねうどんなのに、おあげが美味しくないとはこれいかに。
ここに関しては競合商品であるどん兵衛と食べ比べてみます。

【カップラーメン】スーパーカップ 熟成味噌【エースコック】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

麺の量が1.5倍で有名なスーパーカップから一杯。

P19579104.jpg

P19578803.jpg

P19578502.jpg

P19578201.jpg

P19577900.jpg

評価:★★★☆☆

美味しいは美味しいが、味噌感が足りない。そんな一杯。

麺はガッシリ3D麺ということで、カップ麺にしては結構歯ごたえがありました。
歯ごたえがある系の麺はスポンジっぽい食感になってるのが多いのですが、これはそんなこともなく嫌な食感ではなかったです。
ただ、単に歯ごたえがあるだけで、例えばマルちゃん正麺のようなプリプリ感はありません。
まあ、いつものエースコックの麺に歯ごたえをプラスした感じですかね。

スープに関しては美味しいことには美味しかったですが、味噌感があまりありませんでした。
塩味が先行してしまって、味噌の風味を打ち消していたというか、味噌ラーメンというよりかはただのしょっぱいラーメンという仕上がりに。
もうちょっと塩味をマイルドにして、味噌感をプラスしてくれたら満足感は高いと思いました。

【カップうどん】黒い豚カレーうどん【マルちゃん】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

マルちゃんのうどんシリーズから一杯。

P59838403.jpg

P59838002.jpg

P59837601.jpg

P59837300.jpg

評価:★★★★★

カレー系ではカップ麺では僕の中では一強で、カレー系が食べたかったらカップヌードルのカレーを食べていたのですが、今回は志向を変えてうどんに手を出してみました。
これが思いの外美味しくて、カレー系でラーメンが食べたかったら、カップヌードル・カレー、うどん系が食べたかったらこの黒い豚カレーうどんを選べば間違えないと思います。

麺はマルちゃんの他のうどん(赤いきつねとか)と同じです。
うどん系で競合するのは日清のどん兵衛シリーズですが、僕はこっちのマルちゃんの方が好みです。
どちらかと言うと、どん兵衛の方が麺が粉っぽいんですよね。
どちらも麺はコシがあるというよりかは、スポンジっぽい食感なのですが、マルちゃんの方が美味しいです。

スープ。
若干塩味強いですが、美味しかったです。
お湯を多めに入れるとほぼ完璧。
しっかりとカレー味で、また少し辛いのがGOOD。
カレーっぽくトロトロしている食感も良かったです。