2014年 夏アニメ感想

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

もはや秋アニメを通り越して、2015年冬アニメが始まろうとしている中、いまさらながら2014年夏アニメの感想です!!!はい!!!


【S】
月刊少女野崎くん/アルドノア・ゼロ


【A】
魔法科高校の劣等生/東京喰種/ばらかもん/ハナヤマタ/Free!ES


【B】
ろこどる/六畳間の侵略者!?


【C】
ペルソナ4 ザ・ゴールデン/ひめゴト


S…見ないと損。
A…すごく良かった。推せる。
B…普通。
C…まぁまぁ。


・月刊少女野崎くん
プロの少女漫画家であり、現役男子高校生の野崎くんと、彼のことが大好きな千代ちゃんとの日常を描いたラブコメ作品。
とにかくクスクス笑える。作家さんが少女漫画家ということもあり、作品内に登場する少女漫画もレベル高い。


・アルドノアゼロ
魔法少女まどか☆マギカでお馴染みの虚淵玄さん原案のロボットアクションアニメ。
地球と火星との間の戦争を描く。
音楽が澤野弘之さんが担当していて、作品を盛り上げているのも魅力の一つ。
まさかの展開が待ってます!
ちなみに、2015年1月から二期が始まります。


・魔法科高校の劣等生
「さすおに」という単語が生まれるほど、影響力があった作品。
実はめちゃくちゃ強いのに「劣等生」というレッテルを貼られたお兄様のお話です。
とにかく、めちゃくちゃ強いです。
さすが、お兄さまです!


・東京喰種
人間と、人喰い=グールー が存在する世界で繰り広げられる人間vsグールーのバトルアクションモノ。
主人公は人間だった頃、大きな事故に巻き込まれ偶然グールーの臓器を移植され一命をとりとめます。
しかしながら、それが原因で主人公は人間とグールーのハーフとなり、苦悩していくことに…
人間はグールーを絶対悪としており、駆逐すべきだと思われていたが、グールーの立場に主人公がなり、グールーも必死に生きている現状を知った主人公はグールーは本当に「悪」なのかどうかと考えさせられ、苦悩していきます…
アニメの制作会社がスタジオぴえろということもあり、アクションシーンが非常に良いです。やはり長年NARUTOを作ってきた会社は貫禄が違いますね。


・ばらかもん
天才書道家がスランプに陥り、その腹いせで問題を起こしてしまい、ド田舎に飛ばされるはめに…
そこで、小さな子どもたちと出会い、日々いろいろなイタズラを受けながらも交流していき、感性を磨き、自分なりの書道を見つけていく話。
小野Dが主人公をしているギャクモノです。
とにかく、心がなごむ。


・ハナヤマタ
日本が大好きで留学してきた女の子と、よさこいという踊りを女子高校生がやる話。
まんがタイムきららなので癒やし枠かな、と思ったら、結構な確率でシリアス展開になり、世のオタクを混乱させた作品です。
癒やしというよりかは、日常スポ根青春という感じのアニメでした。作品として、お話が面白かったです。


・Free!ES
Free!の二期。
一期のときもそうでしたが、二期も安定して面白かったです。
それぞれの夢に向かって行く話が描かれています。


・ろこどる
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。
タイトルが長い。
地域密着型のローカルアイドルの話。
日常ギャグモノでした。


・六畳間の侵略者!?
なんの取り柄も無い男が一話にして女の子6人と一緒に住むというクソ設定のアニメです(褒めてます)。


・ペルソナ4 ザ・ゴールデン
中身的にはP4A(一期)見たこと、ゲームをプレイしたこと前提の内容で、ペルソナ4の本筋のストーリーは一切触れず、ひたすらに、ゴールデンで追加されたシナリオをやる感じでした。
マリーとのコミュや足立とのコミュ、海にスキー、マリー救出、真END、夏休みの後日談などなど。
正直、ペルソナ4ファンにしか目を向けて無くて、一切知らない人が見ても全然内容がわからないような構成だったけど、P4Gクリア済みの僕としては、ヨシツネが出たシーンとか、後日談とか、ゲームにちゃんとなぞらえてて、それが映像化されててうぉぉおおお!って感じでした。面白かったです。


・ひめゴト
男の娘アニメだった気がする。
あやねるが可愛かったことくらいしか今になっては覚えていません。
5分アニメでした、たしか。


以上です。
秋アニメはとにかくSHIROBAKOがめっちゃ面白いですね。
冬も続くので(2クール)楽しみです!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>