【FF13-2】ファイナルファンタジー 13-2 クリアしたので感想

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

2014-10-27_01.jpg


ゲーム借りたのが2012年なので、実に二年越しのクリアです…。

クリアタイム: 28:41

2014-10-27_02.jpg

ストーリーが電波だったけど、トータルで見ると結構面白かったです。

2 :ストーリー
9 :グラフィック
8 :インターフェイス(画面構成、メニュー画面などの見やすさ)
7 :操作性(反応速度の良さ、直感的な操作が可能か)
10:サウンド(BGMや効果音)
5 :熱中度(ハマる、次が気になる仕組みがあるか)
5 :やりこみ度
8 :システム(バトル、ゲームの仕組み)
9 :ゲームバランス(難易度やテンポ等、全体的なバランス)
5 :その他(ロード時間、親切度、チュートリアル、マニュアルなど)

総評:69点/100

【ストーリー】
FF13がアレだったので、そんなには期待してなかったのですが、まあある意味期待通りというか、なんというか。
やっぱり電波でした。
全体の流れとしてはFF13と同じなんですよね。
既視感ありまくりのエンディングでした。
〇〇を守るために戦ってて、結局最後に自分たちで〇〇壊しちゃって「あ…これやばくね」的な。
FF13もファルシを守るために最初戦ってましたが、最終的にその場のノリで「まあファルシは悪だし、壊すともしかするとヤバイかもだけど、ワンチャンアルッショ」的な感じでファルシ倒しちゃって、結局コクーンが大変なことになるという展開でしたが、今回も同じような展開です。
正直、ラストはちょっと微妙でした。
これはライトニングリターンズにつながるのかな…と思いましたが、Wikiを読んだらどうやらもうこのFF13-2に結末はどうしようもなくて、その後の世界でできることをしよう的な展開みたいでした。
うーん。やっぱ、13シリーズはシナリオが決定的にウンコですね。
もったいない。

【グラフィック】
相変わらず綺麗です。
ほんとに綺麗。
エフェクトとか、めちゃくちゃ派手で見てるだけで楽しいです。
最近はTHE LAST OF USなどいわゆるリアル志向の洋ゲーやってたのですが、こういうファンタジー感マックスのゲームもいいものですね。
うおおおおおお!!ってなりました。
ただひとつ気になった点を上げると、今回LIVEシステムというのがついて、イベント中でもキャラを操作できるのですがその時キャラが完全に無表情だったり、喋ってる相手の目をみてなかったりして、ちょっと不自然でした。
FF13であれだけムービーゲーって批判されたので、多少はムービー感を無くしたかったんでしょうけど、でもちょっと洋ゲーとかと比べると劣るな、と。
ラスアスとかも同じように移動しながらキャラが勝手に喋ったりするのですが、こっちのほうがよくできてました。

【インターフェース】
FF13のインターフェースをそのまま引き継ぎ、悪いところを消した感じです。
メニューとかはほんとに操作しやすいなぁと思いました。
FF13の時はメニューの移動時とかに軽い背景ムービーが入って後半になるとうざかったですが、13−2はそれもなくなってサクサク操作できます。

【操作性】
これも、FF13をそのまま引き継いだ感じ。
特に違和感なく操作出来ました。

【サウンド】
すごく良かったです。
-2系って結構いろんなジャンルの曲を入れてみたり、遊んでみる傾向があるのですが、今回も同じような感じで、ほんとに名曲ばかりのサントラでした。
ゲームはちょっと…という人でも、サントラだけでも聞く価値あり。

【やりこみ度】
まあ、ゲームってそういうものですけど、お使いゲーが多い。
平凡な感じです。

【システム】
FF13の時も思いましたが、ほんとに13系の戦闘は楽しいですね。
オプティマからパラダイムシフトという名前に変わってます。
が、基本的には13のオプティマと13-2のパラダイムシフトは同じようなバトルシステムです。
13−2では、通常ダメージに加わり、ブラッドダメージというものが追加され、これはHPの上限自体が減る、というものです。
例えば、13の場合はディフェンダーとか使えば無限に戦えたわけですけど、13−2の場合は長期化した場合ブラッドダメージがどんどん蓄積されていって、時間が経過するにつれて不利になっていくようなシステムになっています。
これはほんとに良い改善でした。
前よりも戦略が必要になります。
エンハンサージャマーから始まり、アタッカーブラスターで攻めて…ブレイクさせたらアタッカーで総攻撃して…強力な攻撃が見えた瞬間に即座にディフェンダーに変えてダメージを減らして…などほんとにアクションゲームさながらの操作を要求されます。
アクション性、爽快感、そしてコマンドバトルならではの戦略性。この3つが見事に実現できてるのが、このパラダイムシフトシステムだと思います。
ほんとに戦闘はたのしい!

今回の話は未来を変えるために、いろいろな時代にタイムトラベルをして過去を変えて、未来も変える、みたいなゲームなのですが、これも面白かったです。
自分が行動したことによって未来や過去が変わって、同じ時代にタイムトラベルしたのに、行動前と行動後では様子が違ったり、などシステム的に面白かったです。

【ゲームバランス】
ノーマルでやりましたが、ちょうどよかったです。
僕の場合、若干レベル上げをしました。
最後のラスボス戦も40分かかってたりとやりごたえも十分。
難易度が少し高いのもよかったです。

【その他】
ちょっとロード長いかなというのがマイナスポイント。
ワールドに入る最初に20〜30秒くらいロード時間があります。
一回ロードされると、そのマップにいる間はわりと快適。

こんな感じで13−2クリアしました!
全体的にはストーリーが圧倒的にゴミでしたが、それ以外の戦闘とか音楽とか、システムとかが面白かったので、結果的にはポジティブ評価です。
なんだかんだ最後まで楽しめました。

ライトニングリターンズ、どうしようかな…



関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>