ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 見ました。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

見てきたので軽くネタバレしない程度に感想でも。

P38370901.jpg

分けわかんなかったけど、面白かった。

まあ、この一言に尽きるかなぁと。
序、破と単純明快路線で来て、これは庵野さんも本気だわ!と思ってたわけですが、やはりいい意味でも悪い意味でもいつもの庵野さんに戻ってしまいました。
庵野節全開です。

破の最後でサードインパクトが起きかけていましたが、謎展開にはならず、Qはその続きから始まります。
しかしながら、それは破の最後から14年後(? 忘れました)という状況からQは始まり、またその14年間に何が起きたとかいう補完は一切ありません。
いわゆる、いつもの視聴者置いてきぼり展開です。
そして、これらはそれほど多くは語られぬままQのエンディングとなります。

分けわからないですねぇ。

Twitterや2chでネタバレを見なかったのですが、やっとその理由が分かりました。
だって、分けわかんないからネタバレしようにも、できないもん。

ただ、この分けわからない感は僕はそこまで批判的に取ってなく、むしろ、「まあ、これがエヴァかな」と思ってしまって、ポジティブに取っています。
分けわからない状況を楽しむのがエヴァかなぁと思うので僕は楽しめました。
これで、最終章がまたおめでとうエンドだったら盛大に笑う。

【以下若干ネタバレアリ】

この分けわからない感じは、もしかするとシンジくんと同じ気持に視聴者を置きたかった、という演出なのではないか、と僕は思っています。
とりあえず、14年間の間に何が起こったかはシンジくんも知らないわけで(シンジくんはこの14年間はずっと眠っていたことになっています)、それでこんなにも混乱してるわけで。
それを回想などは一切入れずに、シンジくんに物語の中で伝えたものだけを視聴者に伝えることで、シンジくんと同様の状況に視聴者を置きたかったのかなぁと。

あと、破で散々事前情報で「何このメガネ!」とか「エヴァに新キャラ?!」と盛り上がっていたマリでしたが、蓋を開けたら「ザ・ビースト」の一発屋でとんだかませ犬じゃねーかwwww と思ったわけですが、Qで結構な活躍で結構な尺で登場していたのでよかった。

また、綾波がすごく空気だったのはうーん、という感じ。
まあ、破であれだけ綾波は可愛かったし、たくさん登場したし、ポカポカもしたので、バランス取れてると言えば取れてるのですが…。うーん。
ただ、アスカは相変わらずでよかった。

シンジくんはアスカがこのように形容しているように、
「これだとバカっていうより、ただのガキね」
まさにこれでした。
アニメ時代のシンジくんは内気根暗キャラでしたが、新劇場版になって結構アグレッシブになりました。
これはQでも健在でそのアグレッシブさが逆に……という感じ。
まあ、シンジくんの置かれた背景を見れば納得できます。

カヲルくん。
相変わらずホモでした。
CMでシンジくんとカヲルが映っていて、シンジくんが頬を染めるというものがあり、オイッ!!と思ったわけですが、映画中でも複数回その演出があり、心のなかでオイッ!!と思ってしまいました♂
「うん…カヲルくん、気持ちいよ」 オイッ!!!
まあ、よかったです。

つらつらと面白かったとかつまらなかったとか、小学生並みの感想を書いたわけですが。
純粋な僕の見た感情はこのような感じです。
全体として、作品として面白かった。
ただ、これが一般ウケするかと言われるとどうでしょうかと。
賛否両論あるのは作品としては良いことだと思います。
はたして、これは金曜ロードショーで放送できるのかな…w

最後に、2chでこの映画を見事に表したコピペがあったのでご紹介。

飲み会に一時間遅れていったシンジくんが
「今なんの話?」って輪に加わろうとしたら、「盛り下がるから黙っててくれる?」って怒られて
優しい友達が、「このギャグやればバカうけだよ」って気を使ってくれたんで
思い切ってやってみたら、「お前、それだけはやるなよ!」ってみんなに怒られて、
居酒屋の隅に寝っ転がって泣いてたら、友だちのアスカちゃんが「帰るわよ」って迎えに来てくれた話。

おまけ。

P38370600.jpg

初めていわゆる「二郎リスペクト系」のラーメンを食べてみました。
巷で「残飯ラーメン」と言われてるやつです。

うん。
セオリー通りに最初に麺を食べたのですが、スープと麺の相性は絶妙で美味しかった。
麺を食べ終わった後にそれで終わっていれば楽しい思い出で終われたでしょう。
しかし、そこにはモヤシのタワーが…。
麺はイケたのですが、やはりモヤシは辛いですね。
一言で言うと、飽きる。
食感にも味にも飽きる。
それにつきます。
ただ、完食すると達成感もあり、またスープと麺は美味しかったので、全体としては美味しかったと言えます。
今回は豚(チャーシュー)を一枚友達にヘルプしてもらったので、麺200g、脂少なめ、チャーシュー1枚、野菜半分、でオーダーすれば幸せになれると思います。

あれ?それって普通のラーメンじゃね?



関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>