アイス専用のスプーン「15.0%」を試す

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

10月に誕生日を迎えたのですが、その時の誕生日プレゼントとして「アイス専用の」スプーンなるものを頂きました。
これは、冷蔵庫から取り出したカチカチのアイスを簡単にすくうために、非常に熱伝導率の高い金属を用いてスプーンを作り、体温を伝導してアイスを溶かしながら食べられる、というスプーンです。
なるほど…。

ということで、開封の儀からレビューまで。

P61677704.jpg
△ なにやらオサレな箱に入っています

P61677403.jpg
△ アイスのカップにスプーンがささっているという演出…。アイスに本気です。

P61677202.jpg
△ こんなオサレな案内まで付いてきます。たかがアイスに。

P61676901.jpg
△ スプーンの有償リペアサービスなんてものもあります。アイス専用のスプーンなのに。

P61671206.jpg
△ 今回僕が頂いたのはVanillaという型なのですが、他にもいろいろあります

P61670905.jpg
△ 美味しいアイスの作り方、なんてのも載ってます

P61670504.jpg
△ スプーンの外観。なるほど。アイスを食べること以外には使い道の無さそうな形状です

ということで、アイスと言ったらハーゲンダッツ。
日本においてのアイスの王様、ハーゲンダッツを喰らいます!

P61674800.jpg

まずは、どれくらい熱伝導率がいいのか、スプーンを握ってみました。
すると、その熱伝導率の高さに驚きました。本当にスプーンが温かくなったw
これは期待できそうです。

P61670203.jpg

うお!すごい!
綺麗に力を加えること無く、滑らかにアイスをすくうことができます。
写真から、スプーンの表面に触れているところのアイスが溶けているのが確認できると思います。

ただ、これ一つだけ難点があって…

P61669701.jpg

手が冷たい!!
熱伝導率がいいという事は、アイスからの熱伝導もいいということです。
スプーンがめっちゃ冷たくなる!
写真からスプーンが白く曇っているのが確認できると思います。
スプーンが冷気を吸収する以上の温かさでスプーンに熱を伝えてあげてください。

ということで、かなり話のネタになり、またちょっぴりアイスを特別な気分で、そして楽しく食べられるアイス専用のスプーンというプレゼントに感謝!
なによりも、面白かったです。
 


関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>