【Apple】 iPhone 4S 32GB ホワイト au版買いました。 【スマートフォン】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

予約開始日の開始2時間後に予約して、発売日当日に手に入れていたのですが、ブログには書いていませんでした。
今更ですが。

2011-11-03_01.jpg
△ auショップにて

2011-11-03_02.jpg
△ 外箱

2011-11-03_03.jpg
△ iPhone 4の時は黒だったので今回は白にしてみました

2011-11-03_04.jpg
△ 通話中は通信できません(まあ、そもそも電話なんてしないですけど)

2011-11-03_05.jpg
△ iPhoneの下には印刷物一式

2011-11-03_06.jpg
△ さらにその下には、左からマイク付きイヤフォン、Dockケーブル、AC-USBコネクタ

2011-11-03_07.jpg
△ 印刷物一式


△ 今回買ったケース


△ 今回買った液晶保護フィルム

2011-11-03_08.jpg
△ 外箱

2011-11-03_09.jpg
△ 中身はこんな感じ

2011-11-03_10.jpg

2011-11-03_11.jpg
△ 白によく似合います

2011-11-03_12.jpg
△ iPhone 4Sからはミュートスイッチの位置が少し変更になったので、iPhone 4用のケースだと少しズレます

■ iPhone 4S について

iPhone 4のフォトレビューを見ていただければ分かりますが、4Sになり外観の変化はパッと見ではわかりません。それは本当で、実際にデザインが違うところは「ミュートスイッチの位置」と外側のステンレスアンテナを分割する絶縁体バンドの個数が一つ増えただけなのです。
外観の変化が無いのは多少ガッカリといえばガッカリですが、かといって4のデザインの時点ですごく完成度が高く、改善してほしい点も見つかりません。すでに完成されているのです。ジョブズが「消費者は実際にものを見るまで欲しいものが分からない」と言っていましたが、実際にこれ以上の欲しくなるデザインは浮かびません。そういった意味では、このデザインのそのままという選択は正しかったのかもしれません。5ではこのデザインを越えなくてはいけない、Appleも大変なものです。

外観の変化はなかったものの、中身の変化は大いにあります。
それだけでも4Sに変える価値はあると僕は思います。開発者なので一応すぐに乗り換えましたが、これは自信をもって今では勧めることができます。
「4S」だから変えないという人が居ますが、「5」って名前だったら買ったんだろ?と言いたくなりますね。
メモリが512MBのままで変化が無いというの一番の不安材料でしたが、使ってきて4とくらべ劇的な快適性が保たれています。ホームボタンのダブルクリックにも素早く対応し、4の時のイライラは既にありません。これはデュアルコアA5プロセッサ(定格1GHz、800MHz動作)の恩恵でしょう。
そして、二つ目の大きな内部変化である「カメラ」は素晴らしいです。4時代に悩まされた蛍光灯の下で撮影すると真ん中に青っぽいもやがかかる青カビ問題もなくなり、そして一番実感できるのは驚異の明るさ。非常に光を集めるようになりました。画素数のアップよりも、この明るさが僕は一番嬉しかったです。そして何より素晴らしいのが「カメラの起動の速さ」です。4の時はカメラの起動の遅さにシャッターチャンスを逃す場面が多かったですが、4Sは異常に早いです。数多くあるスマートフォンの中でもこれはトップクラスなのではないでしょうか。
動画撮影に関しても順当進化し、1080pの撮影に対応、そして驚くべきは手ぶれ補正にも対応したことです。僕はカジュアルな目的にしかカメラを使用しないので、もう4Sさえあればいいという感じ。めんどくさがり屋なので、別途カメラを持ち歩くということに耐えられない僕にはピッタリなカジュアルなカメラです。その場で編集でき、多くのアプリがあるのでいろいろな楽しみがあります(デジカメプログラミング楽しい)。

Siriは楽しいし、すごい。
4に音声コントロールがあったように「声で操作」は既にあったのですが、Siriはそれに「感情」を付け加えました。つまり、会話ができるようになったのです。これは革新的な技術ではありませんが、革新的な体験です。利便的な面はもちろんのこと、使っていて楽しいです。ただ、英語の場合はネイティブな発音でないと反応してくれないので、ジャパニーズイングリッシュだと反応してくれません。その点に関しては2012年には日本語のSiriがリリースされるので、それに期待ですね。

■ auへの乗り換えについて

今回、MNPで10000万円のキャッシュバックというのに惹かれたというのもあるのですが、一番の理由は回線の安定性からSoftbankからauへ乗り換えました。
Softbankは屋外では言われているほどひどくは無いのですが、屋内では本当にひどいです。
特にコンクリート造りの頑丈な建物内。そう、学校のような。うちの高専内のほとんどの場所で快適な通信がSoftbankではできないのです。しかも、校内無線LANはあるのですが、整備しただけで全く使い物にならない。一番多く居る場所で快適に使用することができないのです。これを見てください。

2011-11-03_14.jpg 2011-11-03_13.jpg
△ 左がSoftbank、右がau。学校内の同じ場所で計測。

Softbankはヒドイです。ホントにヒドイ。ダイヤルアップとかそういうレベルじゃないです。そもそも電波が安定してキャッチされない。教室内で通話なんてできたものじゃありません。電波ほしさに外に出るなんて当たり前です。そんな状況だったのでauに乗り換えました。auに乗り換えた後に同じ場所、同じ時間帯で計測したものが右側です。劇的な改善と言えるでしょう。これで授業中でも安定してソーシャルゲームができます。

このように、4Sには多くの魅力と楽しさが詰まっています。
変えるかどうか迷ってるなら変えちまえ!
5が出たらまた変えればいいじゃない!!

ということで、僕は4から4Sに変える価値は大いにあると思ったファーストインプレッションでした。



関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>