【Apple】MacBook Air 11inch をプレゼントしていただきました。【Mac】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

PBWEB.jpさんの「PBWEB.jp 10周年記念!フォロー&ツイートでMacBook Airを抽選で1名様にプレゼント!」という企画に応募したところ、なななななんと当選しました。

2011-06-13_11.png

ありがとうございます!

11月から我慢してた甲斐がありました!
ついに私もMBAユーザーの仲間入りです。

では、早速開封してみましょう。

2011-06-13_01.jpg
△ 外箱

2011-06-13_02.jpg
△ フタを開けたところ

2011-06-13_03.jpg
△ 付属品

2011-06-13_04.jpg
△ やはり今回もでした

2011-06-13_05.jpg
△ リンゴシール、リストア用USBフラッシュメモリ、説明書

2011-06-13_06.jpg
△ MacBook Pro 15inch と比較

2011-06-13_07.jpg
△ 一番下から MacBook Pro 15inch, MacBook アルミニウム 13inch, MacBook Air 11inch

2011-06-13_08.jpg
△ 横からも

2011-06-13_09.jpg
△ プレゼント品ですが、なんとキーボードまで選ばせていただきました!MBPと同じくUSキーボード

第一印象は、やはり薄くて軽いでした。
Macのノートパソコンは結構薄いのですが、思いの外重いです。
ですので、Macのノートは薄いけど重いというイメージを持っていたのですが、やはりMacBook Air。
Airという名に恥じない軽さでした。
この軽さでしたら、毎日学校へまるで大学ノートを持ち歩く感覚でバッグに入れて持ち歩くのも容易です。
ノートパソコンを買っても、その重さによってほとんど持ち歩くことが無かった私でもこれであれば毎日持ち歩きたい気分にさせてくれます。
また、この薄さのおかげて小さめのバッグでも入れることができ、それこそ大学ノートを入れるスペースがあれば持ち歩けてしまいます。

モバイルスペックを感じさせない使用感。
大胆にもSSDを搭載することによって、スペックはモバイルノートという感じですが、使用感はMacBook Proのそれと同程度のサクサク感です。
スペックからは想像もできない快適さにびっくりしました。
それは後述しますが、ある程度重くなったXcode4を用いた開発でも十分なパフォーマンスを発揮します。

意外ともつバッテリー。
学校へ持って行き、バックライトを半分くらいにしてレポートを書いたり、プログラミングしてみたりと実際の使用環境で使ってみましたが、1日の使用に十分なバッテリー容量でした。
頼りになる1台になりそうです。

そんなこんなで、MBAに惚れ惚れした数日間でしたが、ちょっとこれでアプリを作ってみたいと思い、Xcode4に慣れる意味でもアプリをMBAで1つ作ってみました。

2011-06-13_10.jpg

いまままでネット関係に疎くあまり触れていなかったジャンルだったので、今回はツイッタークライアントを作ってみました。
土日でデザインからコーディングまで完成し、近日中に問題が無ければリリース予定です。
XMLとかJSONとかなんだよ、という程度に全く知識が無かったのでいい経験になりました。
Webサービスとの連携って楽しい。



関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>