【iPad】iPad、iPad Case 買いました – これは最高の娯楽ツール【Apple】

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

6月の初めにアップルストアで注文した、iPadとiPadCaseがやっと届きました。
iPad本体は6月20日あたりに、Caseは今日でした。

それでは開封していきましょう。

ipad_01.jpg
△ちゃんと衝撃吸収材が入ってます

ipad_02.jpg
△出してみたところ

ipad_04.jpg
△角度を変えて

ipad_05.jpg
△オープン

ipad_06.jpg
△本体の下には・・・

ipad_07.jpg
△Dockケーブルとアダプター

ipad_08.jpg
△印刷物一式

ipad_09.jpg
ipad_10.jpg
△今回も説明書はこれだけ。それくらい使い方は簡単だよ、ということ。

ipad_11.jpg
△今回買った液晶保護フィルム

アンチフィンガープリントであり、光沢なフィルムを選択。
ノングレアタイプフィルム特有のギラギラした感じが苦手なので、光沢を残しつつも、比較的指紋が付きにくいというものに。

ipad_12..jpg
△液晶保護フィルムの中身。すごく本格的な専用クロスが付いてきた。1500円でこれは安すぎる。いい買い物。

ipad_13..jpg
△専用のゴミ取りシールまで。

ipad_14..jpg
△綺麗に貼れました

ipad_15..jpg
△アクチベーション完了

ipad_16.jpg
△本体が届いてから5日後。アップルストアからの贈り物。

ipad_17.jpg
△iPad全機種はソフトバンクのWiFiアクセスポイントを2年間無料で利用することができます。

ipad_18.jpg
△そしてそれから10日ほど経って・・・

ipad_19.jpg
ipad_20.jpg
△やっとケースが届きました

ipad_21.jpg
△説明書はなく、ケース本体だけ

ipad_22.jpg
△簡単な説明がありました

ipad_23.jpg
△結構いれるの大変

ipad_24.jpg
△閉じたところ

ipad_25.jpg
△ケースが手に入り、これでやっと安心して持ち歩けます

最初に使ってみた印象は、これはパソコンでも、ネットブックでもなく、まったく新しいカテゴリの製品だということ。
そして、最高の娯楽ツールであることです。

手軽な値段のアプリ、大きなマルチタッチディスプレイ、そして最大10時間もの連続動作を可能にするバッテリー。
いつまでも最高の娯楽体験ができます。

今ある携帯ゲーム機の中で一番大きいディスプレイ、一番長時間遊べるバッテリー。
まあ、値段や重さも一番なワケですがw
携帯ゲーム機と考えてもこれは良い製品です。

ただ、ネットブックの代用と考えてる人は残念に、そして期待はずれと思うはずです。
まず、キーボードが残念。やはり、キータッチ感が無いとダメだと感じました。また、これだけ大きなマルチタッチディスプレイが裏目に出てしまい、タイピングをしていると無意識に関係の無い指が触れてしまったりします。それがミスタイプにつながる。
iPadにBluetoothキーボードをつなげれば良いという人がいますが、それはナンセンスというか、iPadはiPad単体で使うから最高の体験ができるわけで、キーボードをつなぐのだったらそれはネットブックを持ち歩くべきです。

iWork for iPadもPages、Keynote、Numbers全て購入し、試してみました。
それは後日別の記事に載せますが、ガツガツちゃんとしたものを作りたい人には向きません。
あくまでも、簡単にサクッと作りたい人向け。
ネットブックやノートパソコンを持ち歩き、資料を作ったりする人に焦点を当てていません。
ライトユーザー向けのデキでした(そう考えると一つ1200円という値段にも納得がいきます)。

さて、iPadは使い物になりませんでしたが、最高に高専でネタになったので満足してます。
 


関連記事:

【iPad】iPad、iPad Case 買いました – これは最高の娯楽ツール【Apple】” への2件のコメント

  1. ピンバック: 【Apple】 新しいiPad 買いました。 【iOS】 | net.exilias.Blog

  2. ピンバック: 【Apple】 iPad 2 買いました。 【iOS】 | net.exilias.Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>