ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 を見てきました

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

初映画レビューです。
忘れないうちに書いておこう。

なお、ネタバレ要素は一切ありませんので、まだ見ていないという方でも安心して読めます。

2009-07-15_01.jpg
△ポスター

2009-07-15_02.jpg
△エヴァ仕様のスペシャルセット

2009-07-15_03.jpg
△内部ドリンクだそうです

2009-07-15_04.jpg
△アスカのフィギュア

2009-07-15_05.jpg
△内部ポップコーン

2009-07-15_06.jpg
2009-07-15_07.jpg
2009-07-15_08.jpg
2009-07-15_09.jpg
2009-07-15_10.jpg
△地味に凝ってる箱

「もう一度みたい」
そう思わされる作品でした。

久しぶりに「もう一度劇場で見たい」と思い、また「早く続きが見たい」と思った作品でした。
序の時は別名「ヤシマ作戦」で、アニメ版の焼き増し感が強かったですが今回の破は新キャラが出たりと新展開の連続。常にわくわくが絶えず、また考えさせられる。
思考を止めさせないというエヴァらしさ、またすごい激しい戦闘シーンなのにクラシックが流れるというエヴァ的演出も健在。
もっと内容を具体的に(ネタバレしない程)言うと、
 ・シンジ君が格好いい(逆に言うと旧劇場版がダメすぎた)
 ・結構ロボットアニメ的な展開も
 ・綾波がかわいくなってる(性格、演出的な意味で)
 ・恋愛的要素が濃くなってる
 ・ぽかぽか
こんな感じ。
特に綾波の恋愛的演出はアニメよりも非常に多くなっていました。
アニメ版ではあまり可愛く思っていませんでしたが、新劇場版では非常に可愛い。もう大好き。

ここまで、プラスのことしか言ってませんでしたが少しマイナスなことも。
僕が今回見て一番残念に思ったのは、「人間模様を描いたシーン」が非常に少なかったこと。
アスカのこともあまり触れておらず、さらにひどかったのは新キャラ。
これは意図的なものなのかもしれませんが、新キャラのことについてはまったくと言って良いほど触れていません。
ただ、出てきて、戦闘して、叫んで、空から降ってきて、戦闘して。
深い心情や素生、回想シーンなどがまったくといって良いほどありませんでした。
なので、「新キャラ空気じゃね?」と僕らの視聴後の会話でもでてしまいました。
戦闘 < 人間模様 とエヴァは思っていたので少し残念。
これは、意図的なものなのか・・・それとも・・・。

しかし、全体的にはすごくよくできています。
ストーリー、最先端のアニメ技術・CG技術、音楽、すべてにおいて非常にクオリティーの高い作品でした。
まだ見ていないという方は見ることを強くお勧めします。
また、アニメ版を見たことがない方はアニメ版を見てから新劇場版を見ることをお勧めします。
欲を言えば旧劇場版も見ておきたいですね。

と・に・か・く。
見てない人はまず見よう。
そして、もう一度見よう。

個人的にはアスカのストローシーンがベスト。
 


関連記事:

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 を見てきました” への2件のコメント

  1. 剣岳ワロタwww
    公式サイト見て来たけど、シブすぎるぜ。

    エヴァは絶対劇場で見た方がいいです。
    てか見ろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>