【PSP】絶体絶命都市3のクリアレビュー

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

絶体絶命都市3をクリアしたので久々にゲームレビューを書きます。
ちなみに、2はプレイ済み。

では、まずはスクリーンショットから。

2009-07-07_01.bmp
△ヒロインとの出会い

2009-07-07_02.bmp
△あきれてます

2009-07-07_03.bmp
△必ずふざけるのがアイレムクオリティー

2009-07-07_04.bmp
△被災中に白いスーツ

2009-07-07_05.bmp
△プリレンダリングの咲はあまり可愛くありません

2009-07-07_06.bmp
△勇者なりきりセット

2009-07-07_07.bmp
△川などに落ちるとゲームオーバー

2009-07-07_08.bmp
2009-07-07_09.bmp
2009-07-07_10.bmp
△浮いています

2009-07-07_11.bmp
△・・・

2009-07-07_12.bmp
△華麗に登場です

2009-07-07_13.bmp
2009-07-07_14.bmp
2009-07-07_15.bmp
2009-07-07_16.bmp
△いろいろとシュールな光景

2009-07-07_17.bmp
2009-07-07_18.bmp
△ですよねー

2009-07-07_19.bmp
2009-07-07_20.bmp
△いよいよ物語も終盤です

2009-07-07_21.bmp
△プレイタイムがカオスなことに(スリープ時でもカウントしてるようです)

「バカゲー」
この一言に尽きるゲームでした。

5 :ストーリー(引き込まれるような物語か)
5 :グラフィック(人物、背景、エフェクトなどのクオリティ-)
1 :インターフェイス(画面構成、メニュー画面などの見やすさ、操作の良さ)
5 :操作性(反応速度の良さ、直感的な操作が可能か)
6 :サウンド(音楽や効果音の良さ)
3 :熱中度(ハマり度、のめり込み度)
4 :継続度(長期間遊べるか、何回も楽しめるか)
4 :革新性(目新しいシステムや画期的なゲーム内容であるか)
5 :ゲームバランス(難易度やテンポ等、全体的なバランス)
4 :その他(ロード時間、親切度、チュートリアル、マニュアルなど)

総評:42点/100

前作より親切度は増しましたが、面白さは減りました。

【ストーリー】
突如主人公は大地震に見舞われてしまいます。
なんとか動けるようになりあたりを探索していると一人の女性が倒れていて、後にその女性とその土地から脱出することに。
脱出しているうちに次々と明らかになってゆく事実。
なぜここだけ大被害?
島自体に欠陥が・・?
などなど。
最後にはどんでん返しがまっています。
が、結構ごり押し感があり、またお話も平凡。あまり練りこまれたシナリオではありませんでした。

【グラフィック】
前作より作りこまれていると感じました。
が、オブジェクトをおきすぎたための処理落ちは前回同様健在で少し気になりました。
また、木にビルボードを使用していたようだったのですが僕としては近影にビルボードを使うのはどうかなぁと思いました。

【インターフェイス】
最悪。
見づらい、使いづらい、操作しづらい。
特にレスポンスの悪さは尊敬するものがあります。よくここまでのものが作れたなと。操作ごとにある無意味な間。もっとサクサク操作したかったです。

【操作性】
平凡。
可も不可もなくといった感じでしょうか。

【サウンド】
飯田舞さんの曲は非常に良いです。
それは、同社のパチパラシリーズにも言えることで今回もとても良い曲を作ってくれました。
期待を裏切りません。

【熱中度】
シナリオがあまり魅力的ではないので、「早く続きがやりたい!」とあまり思えませんでした。

【継続度】
1シナリオのプレイ時間が数時間なのと、マルチエンディングなのでそういった意味では何回もプレイできるゲームだと思います。
ちなみに僕は3つのエンドを見ました。

【革新性】
まず「地震」というのをテーマにした時点で革新性に関してはよかったです。これで、面白ければなおよかったんだがなぁ。
ゲーム中に実際に地震に襲われたときのマニュアルがあったりと地味に実用性のあるゲームでした。

【ゲームバランス】
前作と比べると非常にいい。というか救済措置が多くなった気がします。言い方をかえればゆとり仕様になったとも言えます。
が、救済措置が多くなったおかげで詰まなくなり、またイライラすることも減ったので良かったです。

【その他】
アイレムのゲーム全般にいえますが、ゲームに遊び心を入れるところが非常にいい。
というか、それが見たくてこのゲームを始めたほどです。
それほど、いさぎ良いまでにネタを投入してくるというかなんというか。
しかし、やはりパチパラのを見た後だとこのゲームは「笑い」の面で劣ってしまいます(ゲームの内容的にそこまでふざけられないというのもあると思いますが)。

というわけで、少し期待はずれ感もありましたが最後までプレイすることができました。
僕が知ってる中で日本一ソフトウェアよりもふざけてくれる会社がアイレムなのでこれからも頑張ってほしいと思います。
次回作に期待ですかね。
 


関連記事:

【PSP】絶体絶命都市3のクリアレビュー” への4件のコメント

  1. 初めてこのゲーム知ったんですが、
    主人公はデフォでこの格好なんですか?
    絶体絶命なのは実は主人k・・・

  2. >白黒さん
    とことんふざけるのがアイレムクオリティーです。
    さすが、スペランカーを作っただけあります。

    >「ゆ」
    それを言ったおしまいです。
    スペランカーしかり、パチパラしかり、絶体絶命都市しかり。
    アイレムゲーム全般にあてはまってしm(ry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>